「西川の”ノイアー症候群”は確かに深刻だが、それを強いる監督が問題」J1第15節 浦和レッズ-ジュビロ磐田

スポンサードリンク

2週間の代表ウィーク明けのJ1、DAZNでも「サンデーJプライム」と称して通常よりも7台多い16台のカメラを駆使して放送された、注目の浦和対磐田の試合。

両チームともにフォーメーションは3-4-3。磐田の名波監督の狙いは分かりやすく、マッチアップのミラーで浦和を嵌め込んでからのカウンター狙いで、前半8分に大井のタックルから松井がシュート、11分には浦和が関根のロングパスからシュートと、どちらも枠を外したが互いにカウンターを中心とした攻撃でジャブの応酬。

しかし20分頃からジュビロのプレスの勢いが落ちて、5-4-1の形でリトリートする守備に落ち着き、浦和がボールを支配する流れになったのだが、先制したのはジュビロ磐田。前半36分にFKがゴール前に送り込まれると、浦和GK西川が飛び出してパンチングしようとするもボールに触れず、浮き球を大井が頭で押し込んでゴールイン。

思わぬミスで先制を許した浦和は後半に反撃開始、8分にはCKをニアで合わせた阿部のヘディングシュートで同点に追いつくと、11分には中央でのパスワークから興梠のヒールキックに阿部が抜け出し、そのまま流し込んで浦和が逆転、地力の差を磐田に見せつけたように思ったのだが・・・何故かミシャ監督はここで宇賀神に代えて駒井、李に代えて怪我明けのラファエル・シルバと、徹底的に攻撃的な交代策に出てしまう。

すると案の定、後半23分に柏木のバックパスミスを拾われてロングパスを送られると、ぼんやりハーフライン前に位置取って全く準備できてなかった浦和の対応にあっさりアダイウトンが抜け出し、GK西川が飛び出してカットするも、ボールはアダイウトンの体に当たってそのまま持ち込まれ、何とも間抜けな同点ゴールを食らってしまう。

逆に磐田は松浦を投入した名波監督の策が大当たり、後半29分に人は足りているのに右往左往するだけだった浦和の守備を突破して松浦が逆転ゴールを決めると、35分にはポジション変更で混乱する浦和を尻目にあっさりと左サイドを抜け出し、ファーにコントロールショットを決めるドッピエッタでジュビロが4点目。最後は浦和も何故かズラタンがいるのにパワープレイは仕掛けず、中途半端なままで試合終了。

浦和はこれで公式戦9試合で2勝1分、リーグ順位も8位と完全に失速。この試合もせっかくリードしたのに交代策でバンザイアタックを加速、確かに西川のミスは擁護できないが、ノイアーばりに広すぎる守備範囲を強制させているチーム、監督の問題が大きいように思う。ぶっちゃけ、ミシャ監督のままではこういうスタイルは永久に変化しないだろうね・・・

逆に磐田は現実的な策できっちり勝利。ユン・ジョンファン監督もそうだけど、現役時代はテクニシャンだった人のほうが、ハードワーク好きでリアリストだよね(笑)。アダイウトン、ムサエフと外国人選手も当たりで、今期はJ1を面白くしてくれそうである。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2017/06/19 | Jリーグ

関連記事

齋藤学選手の”禁断の移籍”は、Jリーグにとって格好のブックなのか?

昨日は家族にインフル疑いな症状が出てしまったので、帰宅してからいろいろ...

記事を読む

「名古屋を昇格に導いたのは、華麗なパスサッカーではなく体を張った守備だった」J1昇格プレーオフ 決勝 名古屋グランパス-アビスパ福岡

今期J2で3位と4位、ともに昨年J1から降格した同士である名古屋グラン...

記事を読む

「鹿島の胴上げを許さなかった、名波監督と中村俊輔の執念」J1第34節 ジュビロ磐田-鹿島アントラーズ

それにしても・・・一時は2位に対して勝ち点差8を付け、今期はJ1史上最...

記事を読む

「やっぱり今年の流行語大賞は”忖度”で決まり?」J1第33節 浦和レッズ-川崎フロンターレ

土曜日は浦和がACL決勝に出場していたため、水曜日に延期された川崎との...

記事を読む

「ACLを切らせて胴上げを断つ事を選んだ柏」J1第33節 鹿島アントラーズ-柏レイソル

2017年のJ1も残すところあと2試合。首位の鹿島アントラーズは今節で...

記事を読む

新着記事

「香川のゲームメイクと香川のチャンスメイク、香川のシュートが必要」ドイツ・ブンデスリーガ第18節

シュテーガー監督になってからは調子が上向いているものの、ウィンターブレ...

記事を読む

「チェルシーに対して68分間も続いた、下位レスターの横綱相撲」イングランド・プレミアリーグ第23節 チェルシー-レスター

一応はチャンピオンズリーグ圏内に付けてはいるが、ここ2試合は無得点と調...

記事を読む

「試合から”正しい消え方”をしていた柴崎の戦術眼」スペイン・リーガエスパニョーラ第19節 ヘタフェ-マラガ

柴崎がゴールを決めて怪我をした第4節のバルセロナ戦以来、3ヶ月ぶりの復...

記事を読む

齋藤学選手の”禁断の移籍”は、Jリーグにとって格好のブックなのか?

昨日は家族にインフル疑いな症状が出てしまったので、帰宅してからいろいろ...

記事を読む

「”サンフレッチェ”から森保監督は一歩を踏み出せるのだろうか」M-150CUP 日本U-20-北朝鮮U-23

昨日はDAZNを眺めていても見たい試合が無かったので、たまたま無料放送...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「香川のゲームメイクと香川のチャンスメイク、香川のシュートが必要」ドイツ・ブンデスリーガ第18節

シュテーガー監督になってからは調子が上向いているものの、ウィンターブレ...

「チェルシーに対して68分間も続いた、下位レスターの横綱相撲」イングランド・プレミアリーグ第23節 チェルシー-レスター

一応はチャンピオンズリーグ圏内に付けてはいるが、ここ2試合は無得点と調...

「試合から”正しい消え方”をしていた柴崎の戦術眼」スペイン・リーガエスパニョーラ第19節 ヘタフェ-マラガ

柴崎がゴールを決めて怪我をした第4節のバルセロナ戦以来、3ヶ月ぶりの復...

齋藤学選手の”禁断の移籍”は、Jリーグにとって格好のブックなのか?

昨日は家族にインフル疑いな症状が出てしまったので、帰宅してからいろいろ...

「”サンフレッチェ”から森保監督は一歩を踏み出せるのだろうか」M-150CUP 日本U-20-北朝鮮U-23

昨日はDAZNを眺めていても見たい試合が無かったので、たまたま無料放送...

→もっと見る

PAGE TOP ↑