「どんどん効果的なポジションから遠ざけられてしまった柴崎」スペイン・リーガエスパニョーラ 昇格プレーオフ準決勝 第1レグ カディス-テネリフェ

スポンサードリンク

スペインリーグ1部昇格をかけたプレーオフの準決勝第1戦。4位のテネリフェは5位カディスとのアウェイ戦だったが、結果は残念ながら0-1の敗戦、第2戦のホームで逆転を目指す事になった。

昨日の深夜に行われた試合で既にニュースで結果は知っており、柴崎がボランチで先発して負けたと聞いた時には、やはりアウェイで柴崎の守備力を当てにするのは間違いだよな、と思ったのだが、試合を実際に見てみると想像よりは良いプレイをしていたのが意外だった。

今まで1トップで先発していたロサノが怪我の影響でサブに回り、この試合はアマトが1トップに入っていたのだが、ことごとく相手のマークに負けて全く前線の基点になれず、他の選手もカディスの激しいプレスにタジタジで、適当なロングボールやつまらないキープミス、パスミスでボールを奪われるなど、テネリフェは試合をほとんどコントロール出来ていなかったのだが、そんな中でも柴崎だけは冷静だった。

ボールが来る回数こそ少なかったが、前を向けば確実に味方へとパスは通すし、相手のプレスの中でもスペースを見つけ出して3人目の動きをして見せるなど、チームメイトとは別の次元でプレイしていたように見えたし、守備でも確かにデュエルで勝つことは少ないものの、ゾーンを守ってパスコースを消しつつ時折タックルに行ったりと、少なくとも変に突っ込んで交わされたり、動きすぎてゾーンに穴を空けたりする事はなく、あまり見ていてヒヤヒヤするような場面は多くなかった。

と思っていたら、守備力に不満があるのか、アマトがあまりにも孤立するから柴崎にフォローさせようとしたのか分からないが、途中から何故か柴崎がトップ下に回され、せっかくボランチでまずまず良い感じだったのに、トップのアマトが相変わらずポンコツで、さらに柴崎はボールに触れなくなってしまう。

それでも後半7分にセンターからサイドに流れて、ニアゾーンに走り込んだアマトへシュートに繋がるスルーパスを出したと思ったら、ロサノが交代で入って柴崎は左SHにポジションチェンジ。さらに21分にアルベルトが入ってからは右SHへ移ったのだが、左には比較的スペースがあったのに、右は相手のSBがガッチリ柴崎をマークしてさらにさらにボールから遠ざけられる柴崎。

後半途中から試合が荒れて選手がそこら中でコロコロ倒れる展開の中、終盤にはテネリフェが初めて攻勢に出て、柴崎も右からゴール前に切れ込んでチャンスは作ったが、カディスは後半18分に決まったアケチェのロングシュートによる1点を守り切って試合終了。

やられっぱなしの試合だった割には、アウェイで0-1というのは最低限の結果であり、まだホームで逆転できるチャンスは残されている。ホームならここまでラインを下げる事も無いだろうし、ロサノも先発に復帰するだろうから、今度はスカッとする内容と結果を出してくれる事に期待したい。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「チームメイトから胴上げされ、”日本人は下手くそ”というレッテルを上書きした乾」スペイン・リーガエスパニョーラ第37節 エイバル-ラス・パルマス

リーガ・エスパニョーラ1部も残り2試合。欧州戦への可能性が無くなったエ...

記事を読む

「凡百な日本人選手とは優先順位が正反対な、柴崎の試合への入り方」リーガ・エスパニョーラ第36節 ヘタフェ-ラス・パルマス

第35節終了時点でヨーロッパリーグ圏内の7位につけているヘタフェは、既...

記事を読む

「プレイ機会は少なかったが、1G1Aを含めて3点に絡んだ乾の効率性」リーガ・エスパニョーラ第36節 ジローナ-エイバル

リーグの6位に追いつくのは難しい状況だが、今期は7位までヨーロッパリー...

記事を読む

「ベティスへの移籍問題とエースの復帰で、ピッチでも少し微妙な立場になった乾」リーガ・エスパニョーラ 第30節 エイバル-レアル・ソシエダ

ここ3試合は未勝利で、リーグ戦の順位も10位と失速しつつあるエイバル。...

記事を読む

「せっかく乾がカルバハルを抑えていたのに、マルセロ番に回ったとたんに悲劇が」スペイン・リーガエスパニョーラ第28節 エイバル-レアル・マドリー

あまり贔屓チームの負け試合は見たくない方なんだけど、やはりレアルと最小...

記事を読む

新着記事

「W杯で対戦するレヴァンドフスキ、ハメス・ロドリゲスを長谷部が整え、フランクフルトが30年ぶりのタイトル獲得!」DFBポカール 決勝 バイエルン・ミュンヘン-フランクフルト

大会最多優勝のバイエルンと、昨年に続いて2年連続で決勝進出のフランクフ...

記事を読む

「JトップGKによる華麗なスコアレスドローの共演、しかし見逃せないのは名将によるチーム力の底上げ」J1第15節 ガンバ大阪-浦和レッズ

今節のJ1は、ロシアW杯中断期間に入る前の最後となる試合。ガンバは4-...

記事を読む

”自分たちのサッカー”にとっての異物とみなされてしまった中島翔哉

もう個人的には関心が薄い話題になっていたので、昨日のガーナ戦の選手選考...

記事を読む

「”代えが効かないお二人”は当然の選出、年功序列の香りがするメンバー」ガーナ戦 兼 ロシアW杯最終候補・日本代表メンバー発表

まあ今さら誰を選ぼうとも「お好きにして下さい」という感情しか無い、親善...

記事を読む

「個人能力よりもチームとしての成熟度の差、それだけに酒井には体験して欲しかった」UEFAヨーロッパリーグ 決勝 マルセイユ-アトレティコ・マドリー

今朝の早朝、ちょうど5時ぐらいに目が覚めたので追っかけ再生でヨーロッパ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑