「カンテ抜きでチームを立て直した戦術的なポイント」イングランド・プレミアリーグ第37節 マンチェスター・シティ-レスター・シティ

スポンサードリンク

ちょうど今朝に34節順延分の試合があって、レスターはスパーズに1-6と大敗してしまったわけだが、ひとまずその試合の事は忘れて(笑)、その前に行われたマンチェスター・シティとの試合について。

前半の早い時間帯に2点を取られて、これは完全な負けパターンの試合かと思われたのだが、既にマスコミで大きく取り上げられている岡崎のスーパーボレーが前半の42分に炸裂すると、後半も粘り強い守備でシティの追加点を許さず、後半32分にはクリシーに倒されて自ら得たPKをマフレズが蹴るも、軸足が滑って蹴ったボールに当たってしまい、ゴールは決めたが2度触った反則で無効とされ、結局シティに逃げ切られてしまった。

この試合では敗戦を喫してしまったとは言え、レスターはシェイクスピア監督に交代してからの成績だけを見ると、リーグの優勝争いに絡めるだけの結果を残しており、モーガン、フートというレギュラーCBを2人も欠いてベナルアンとフクスのCBに、チルウェルのSBと経験の少ない選手をDFラインに並べてシティにあわや引き分けという試合が出来たのは、やはり見事なチーム作りの手腕と言うしかない。

チームを立て直す上で、カンテが抜けた中盤の守備力低下をどうカバーするかが最大のポイントであったわけだが、監督就任直後は岡崎をより守備に走らせるという力技で凌ぎつつ、エンディディがボランチにフィットした事が大きかったとは言え、この試合を見ると戦術的にもちゃんと持続性を持たせる修正をしている事に気づく。

今までだと、岡崎が相手のDFに良いパスを出させないようにしゃにむにプレスをかけていたのだが、シティに対してはそれほど高い位置からプレスをかけていなかった。その代わり、前線や中盤に縦パスが入るとヴァーディと岡崎が必ずプレスバックをして挟み込む守備をしていた。ここが最も大きな違いである。

前線からプレスをかけても、その分DFラインが上がらないと全体が間延びしてしまう。プレスバック主体だと逆にコンパクトさが保たれ、前線の負担は少なくなる。岡崎がゴールを決める事が出来たのも、守備で疲弊せずにゴール前に走り込む余力があったからこそである。

ただ、高い位置からプレスをかけない分、サイドで基点を作られるとそこまで全体が下がらざるを得ず、ドリブルなどの個人技でサイドから仕掛けられると弱いという欠点もあり、それがシティの前半2点に表れてしまったわけだが、そういうチームはプレミアリーグにもそう多くはないので、レスターにとっては適した戦術変更だったのではないだろうか。

とは言え、このまま弱いチームに勝てても強いチームには必ず負けるサッカーではあまり面白くないので、来期以降にどういう補強をして力を積み上げて行くのか、シェイクスピア監督の手腕に注目したいところだ。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「シティの30戦無敗の記録を、”ペップキラー”クロップのリバプールが止める」イングランド・プレミアリーグ

ここまで30戦無敗、リーグ戦は2位に勝ち点15という圧倒的な差を付けて...

記事を読む

「チェルシーに対して68分間も続いた、下位レスターの横綱相撲」イングランド・プレミアリーグ第23節 チェルシー-レスター

一応はチャンピオンズリーグ圏内に付けてはいるが、ここ2試合は無得点と調...

記事を読む

「ビッグクラブからプレスが無くなったら超絶個人技ショーになりました」イングランド・プレミアリーグ第22節 アーセナル-チェルシー

昨日は、関西の地上波では高校サッカー選手権の放送が行われていなかったの...

記事を読む

「くすぶっていたスリマニさえ輝かせる、岡崎の驚異的な”のりしろ力”」イングランド・プレミアリーグ第22節 レスター・シティ-ハダースフィールド

相変わらず年末年始は狂ったスケジュールで行われているプレミアリーグ。1...

記事を読む

「主将が吉田で辛抱しきれず負ける悪循環、次こそは断ち切れるのか」イングランド・プレミアリーグ第18節 チェルシー-サウサンプトン

13節のエヴァートン戦で4点を取って勝利してから、またも得点力不足が再...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑