「アトレティコの心を折るイスコのゴールで、決勝は最強の矛と盾との対戦に」UEFAチャンピオンズリーグ準決勝 第2レグ アトレティコ・マドリー-レアル・マドリー

3-0と思わぬ大差になってしまった第1レグの結果を受けて、ホームのアトレティコがどういう反撃の策を見せるのかが注目された第2レグ。

アトレティコはグリーズマンの相棒にトーレスを選んだ4-4-2、レアルは怪我のカルバハルの代わりにダニーロが入った以外は、第1レグと同じクリスティアーノ・ロナウドとベンゼマの2トップにイスコがトップ下に入った4-3-1-2というフォーメーションで臨んで来た。

試合は、序盤からホームの大声援をバックにアトレティコらしさが全開、ボールを奪ったら躊躇なく前に飛び出す2トップにロングボールを合わせ、全体が一気に押し上げてセカンドボールを借りに行く。前半5分にはカラスコのクロスをコケが触ってコースを変え、6分にはトーレスが叩きつけたヘッドが跳ね返ってバーを超えるなど、いきなり決定機の連続が訪れる。レアルも7分にはCKからカゼミロがファーにヘディングを飛ばすが、アトレティコGKオブラクがファインセーブと激しい攻め合いに。

その序盤戦をモノにしたのはアトレティコ。前半の11分にCKからニアで合わせたコケが頭で決めて先制点をゲットすると、15分にはPA内でパスを受けてキープしたトーレスをヴァランが足で引っ掛けてしまいPK。グリーズマンの蹴ったコースは甘かったが、レアルGKナバスの手を弾いてゴール。アトレティコがあっという間にアグリゲートスコアで1点差にまで追い上げてしまう。

しかしここでカウンターを恐れたのかシメオネ監督は選手にペースダウンを指示、レアルもトップ下のイスコが守備時は2列目に吸収された4-4-2のような形にした事で試合が落ち着き、攻撃時にはマルセロが上がってクロースがやや下がった2-3-3-2のような形でアトレティコのプレスを外し、イスコが香川のように低めの位置からピッチを自由に動いてボールを触り始めると、徐々にレアルがポゼッションで優位に立ち始める。

すると前半終了間際に、左コーナー付近でボールをキープしたベンゼマが、ボールを奪いに来たアトレティコの選手3人をタッチライン際を進むドリブルで置き去りにすると、マイナスの折り返しをクロースがシュート、これは一度GKに阻まれるが、こぼれ球をゴール前に詰めたイスコが押し込んでレアルがアウェイゴールをゲット。アトレティコの逆転にはあと3点が必要な振り出しに戻ってしまう。

さしものアトレティコもこれで心が折れた部分もあったのか、後半は一応プレスには行くんだけど、前半のような勢いとコンパクトさに欠けてアタックが単発に終わり、モドリッチやイスコがマークを交わしてボールを運ぶ場面が目立つようになる。シメオネ監督は12分にガメイロ、トーマスを投入してテコ入れを図るがペースは変わらず、逆にジダン監督はアセンシオ、ルーカス・バスケスを投入して余裕の采配。

後半20分には、ロングパスにカラスコが抜け出しカットインからシュート、いったんはGKナバスに弾かれるものの詰めたガメイロが頭でプッシュするもナバスが超反応で止め、31分には左サイドでの突破からクロスをガメイロが合わせるも枠の外とアトレティコに追加点のチャンスはあったが決められず、ロスタイムにはグリーズマンが決定的なシュートを放つがこれもナバスのセーブに遭って試合終了。最後は激しい雷雨が降り、アトレティコにとっては涙雨の終戦となった。

第1レグのヒーローだったクリスティアーノ・ロナウドは大人しかったが、その分ベンゼマやイスコ、モドリッチなど脇役だった選手が活躍、層の厚さを見せつけられた試合だった。これで決勝はジダンの古巣ユベントス、世界最強の矛と盾が対決する試合になった。決勝が本当に楽しみである。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

スポンサードリンク

2017/05/13 | 未分類

関連記事

「香川にとっては美味しかった、酒井高徳のSB的プレイスタイル」ドイツ・ブンデスリーガ第27節 ボルシア・ドルトムント-ハンブルガーSV

香川が今季リーグ戦初ゴールを含む1G1Aを決めて、ブンデスリーガ公式か...

記事を読む

「久保が数少ないチャンスで結果を出し続けている謎」ベルギー・ジュビラー・プロリーグ第29節 ワースラント・ベヴェレン-ゲント

何とかサーバーの移転も終わって(実際はまだすったもんだしているわけだけ...

記事を読む

これからしばらくサーバーの移動作業を行います

物好きにもここを見てくださっている方はとっくにご承知でしょうが、ずっと...

記事を読む

「セレッソの組織力はゼロに近かったけど、もともとマイナスだからね」J1第2節 浦和レッズ-セレッソ大阪

昨日のNHKで放送されていたこのカード。それだけ、ユン・ジョンファン監...

記事を読む

新着記事

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「柴崎がテネリフェのアイドルになった理由は、香川以上の意外な”柔軟性”にあり」

既にほとんどの欧州リーグがシーズンを終了しているのに、まだあと2節+昇...

「良くも悪くも集大成と言える内容、ドルトムントにトゥヘルの明日はあるのだろうか」DFBポカール決勝 フランクフルト-ボルシア・ドルトムント

昨日は恒例のイベントで朝から夜まで立ち続け、ヘロヘロ状態での観戦だった...

「大人のイタリアに頭を押さえつけられ、談合に同意させられた日本」U-20ワールドカップ グループD 日本-イタリア

いきなり試合開始3分に、左SBで先発した杉岡がラインを乱して先制点を決...

「”決勝マイスター”モウリーニョの完璧過ぎるゲームプラン」UEFAヨーロッパリーグ決勝 アヤックス-マンチェスター・ユナイテッド

ボールポゼッションが69%対31%、シュート数が17対7と聞けば、10...

2016-2017シーズン海外組通信簿(オランダ、ベルギー、オーストリア、フランス編)

欧州の主要リーグがほぼ終了に近づいて来たので、忘れないうちに恒例の海外...

→もっと見る

PAGE TOP ↑