「久保に感じる、”謙虚なストライカー”というサムライ的な精神性」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ優勝プレーオフ第3節 シャルルロワ-ゲント

スポンサードリンク

久保がベルギーリーグで6点目となる決勝ゴールを決めて大きな話題になった試合だが、90分を通して見ると久保は全体的にボールタッチが少なく、ゴールの後でも決定的なシュートシーンでふかしているし、決定機の数だけで言えばシャルルロワと同じような感じで、決して良い内容の試合ではなかった。

それよりも面白かったのは、試合序盤の両チームによる戦術ジャンケンで、おそらくゲントは3-4-3のフォーメーションでスタートし、久保も左ウイングの位置でプレイしていたのだが、対するシャルルロワが4-2-3-1のフォーメーションで、ゲントの3バックとウイングに対して同数でプレスをかけて来たのを見て、ゲントが4-2-3-1へ変更して久保がトップ下に移る。するとシャルルロワは、久保にアンカーのマークを付けるために4-2-3-1から4-1-4-1へとまた変更、これで互いのフォーメーションがようやく安定したように見えた。

と言うわけで、ただでさえゲントはビルドアップの意識が低いのに(笑)、久保は相手のアンカーのマークを受けて縦パスを受けられる状態には無く、時々サイドに流れてアンカーの脇でボールを受ける事はあるが、シモンとカルーの両ウイングがどちらも基本的にサイドへ張ったままなのでそういうスペースが空く機会も少なく、ロングボールやクロスに走って1トップのクリバリーのこぼれ球を狙うしか無かった。

しかし久保が今までの日本人選手と根本的に異なるところは、そういう状況になっても後ろに下がってボールをもらいに行かず、淡々とチャンスが来るまで前線で無駄走りを繰り返し、やっと巡ってきた数少ないチャンスできっちりゴールを決める集中力、ゴールへの執念である。岡崎だと、ゴールが難しければチームに貢献しようという姿勢があるのだが、久保はそういう邪念が全く無い。まさに正真正銘のストライカーである。

でも久保が不思議なのは、そこまでゴールにこだわる癖に、実際はあまりエゴイストではないところである。この試合でも自分で行って2点目のゴールを決められるシーンがあったのに、スルーパスを選択してゴールにはならなかったが味方の決定機を演出したりと、妙に冷静で「俺が俺が」という部分が無く、自分自身は1点取れば良いという風な割り切りが感じられる。

久保が助っ人として結果を出しているのは確かで、現地のマスコミに取り上げられるのは当然の事なのだが、何かそれ以上の話題性になっているように見えるのは、そういう剣豪というか、サムライ的な精神性にエキゾチックさを感じているからではないかと思ってしまうのだ。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「森岡も好機を逸し、優勝まで手が届くところからCL圏も危うくなったアンデルレヒト」ベルギー・プロリーグ プレーオフ アンデルレヒト-スタンダール・リエージュ

昨晩はたまたまDAZNを開いたら、ちょうどアンデルレヒトの試合がLIV...

記事を読む

「森岡がロシアW杯のメンバーに入るカギとなるフォーメーション」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ プレーオフ1 第4節 アンデルレヒト-クラブ・ブルージュ

今週はいろいろ用事が立て込んでいて、なかなか集中して2時間をサッカー観...

記事を読む

「プレーオフ初戦の日本人対決は、どちらにとっても少しほろ苦い試合に」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ プレーオフ1 第1節 アンデルレヒト-ゲント

ベルギー1部リーグもレギュラーシーズンが終了し、これからは上位6チーム...

記事を読む

「電光石火のヘディングゴールで森岡が勝利をもたらすも、個人・チームともに課題は残る」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第29節 ズルテ・ワレヘム-アンデルレヒト

前節のムスクロン戦では、チームとしては6試合ぶりの勝利を森岡の2ゴール...

記事を読む

「やっとチームが森岡を理解し始めたアンデルレヒト、しかし終盤は思いもよらぬ展開に」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第28節 アンデルレヒト-ムスクロン

移籍直前の試合でハットトリックを決めるなど絶対的なエースだった、アルジ...

記事を読む

新着記事

「W杯で対戦するレヴァンドフスキ、ハメス・ロドリゲスを長谷部が整え、フランクフルトが30年ぶりのタイトル獲得!」DFBポカール 決勝 バイエルン・ミュンヘン-フランクフルト

大会最多優勝のバイエルンと、昨年に続いて2年連続で決勝進出のフランクフ...

記事を読む

「JトップGKによる華麗なスコアレスドローの共演、しかし見逃せないのは名将によるチーム力の底上げ」J1第15節 ガンバ大阪-浦和レッズ

今節のJ1は、ロシアW杯中断期間に入る前の最後となる試合。ガンバは4-...

記事を読む

”自分たちのサッカー”にとっての異物とみなされてしまった中島翔哉

もう個人的には関心が薄い話題になっていたので、昨日のガーナ戦の選手選考...

記事を読む

「”代えが効かないお二人”は当然の選出、年功序列の香りがするメンバー」ガーナ戦 兼 ロシアW杯最終候補・日本代表メンバー発表

まあ今さら誰を選ぼうとも「お好きにして下さい」という感情しか無い、親善...

記事を読む

「個人能力よりもチームとしての成熟度の差、それだけに酒井には体験して欲しかった」UEFAヨーロッパリーグ 決勝 マルセイユ-アトレティコ・マドリー

今朝の早朝、ちょうど5時ぐらいに目が覚めたので追っかけ再生でヨーロッパ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑