「栄えある大阪ダービーにふさわしい結果、そしてふさわしくない内容」J1第7節 セレッソ大阪-ガンバ大阪

スポンサードリンク

長居スタジアムに満員の観客が詰めかけた、3年ぶりとなる大阪ダービー。3-1-4-2という欧州で流行りのフォーメーションを取っているガンバに対し、鳥栖でゴリゴリのゾーン・ディフェンス戦術を採っていたユン・ジョンファン監督のセレッソがどういう戦いをするのか、戦術的にも興味深い試合である。

そのセレッソは攻撃時は4-2-3-1、守備時には4-4-2になる標準的なゾーン・ディフェンスのフォーメーションだが、実態はかなり攻撃的。守備時にはファーサイドのSHが高い位置に上がったままで、3-4-3のような形でガンバのDFにプレスをかけ、攻撃時にはSBが高く上がり、ダブルボランチのソウザと山口のどちらかが前線へ上がる2-3-4-1のような形に変化、ボールを奪ったら素早く前線へ運ぶ意識が徹底されていて、試合開始からガンバを圧倒する。

ガンバの中盤は、これまでの遠藤ではなく井手口がアンカーに入り、遠藤と倉田がインサイドハーフに並んで、より攻撃的な位置で遠藤が絡めるようにする狙いはあったのだろうが、セレッソの中盤に対するマークの役割分担が曖昧で簡単に中盤でボールを裁かれ、サイドに展開されてしまっていた。攻撃も中盤を支配されているので、セレッソ4バックの外側をWBの藤春や初瀬が突いた時ぐらいしか可能性が感じられない。

が、せっかく身長がある杉本と山村の2人がセンターにいるのに、クロスの精度がことごとく残念な出来で得点に至らない。逆に後半12分に、スローインからスルスルとボールが流れていくと、ファーサイドをフリーで走り込んでいた藤春が押し込んで、それまで圧倒されていたガンバが一瞬のスキを突いて先制点をもぎ取ってしまう。

ホームでのダービーで絶対に負けられないセレッソはここで清武を投入、後半26分に丸橋からのパスを受けた杉本がドリブルで切れ込み、フェイントからガンバGK東口の頭上を抜く、今期初得点となるシュートを決めて同点に追いつくと、その2分後には丸橋からのクロスを杉本がドフリーで合わせるも逆に東口がファインセーブ。しかし41分に、今度こそ杉本がソウザのクロスを決めてセレッソが逆転に成功する。

しかしロスタイムも3分台に入ったところでガンバにCKが与えられると、長澤や三浦のヘディングやボレーで混戦となり、最後は倉田が相手を背負いながら左足で押し込みガンバが劇的な同点ゴールを決めると、試合はそのままタイムアップ。初夏の気候に見合った熱い試合は、いかにもダービーマッチらしい2-2のドローでの決着になった。

ガンバは結果こそ同点だったが、相変わらずフォーメーション的に流行りを取り入れてみましたという感じで、戦術的な狙いがあまり見えないサッカーで内容では完敗。遠藤を活かすため(と思われる)の戦術なのに、この試合でもFKを大きく外すなど遠藤のプレイはずっと冴えないまま。序盤は大車輪の働きを見せていた今野の離脱はあまりにも大きく、迷走はまだまだ続きそうである。

セレッソはやろうとしているサッカーは明確で、正しい道を歩んでいるとは言えまだまだ全体的な完成度が足りてないなと。あれだけクロスを上げていて1得点というのは効率が悪いし、柿谷も時々光るプレイは見せるのだが、どちらかと言うと守備のプレスバックで目立っている感じで、あまり彼の良さが活きてない。まだ本調子でない清武も含め、サイドに張るよりも中でプレイしたほうが持ち味が出る選手なので、今後の起用法や戦術でどう工夫してくるのか、ユン・ジョンファン監督の手腕に注目したい。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2017/04/17 | Jリーグ

関連記事

「JトップGKによる華麗なスコアレスドローの共演、しかし見逃せないのは名将によるチーム力の底上げ」J1第15節 ガンバ大阪-浦和レッズ

今節のJ1は、ロシアW杯中断期間に入る前の最後となる試合。ガンバは4-...

記事を読む

「ブロックを固めてパトリック、というサッカーが首位を独走してしまうJリーグの悲しさ」J1第14節 ベガルタ仙台-サンフレッチェ広島

現在J1リーグの首位を独走中の広島と、7位仙台との上位対決。広島のフォ...

記事を読む

「”日本のシメオネ”上野監督は甲府をアトレティコ・マドリーへと作り変える?」ルヴァン・カップ グループB コンサドーレ札幌-ヴァンフォーレ甲府

リーグ戦では現在3位と絶好調の札幌だが、ルヴァンカップではグループ最下...

記事を読む

「以前の3バックとの折衷案で、自ら墓穴を掘ってしまったオリヴェイラ監督」J1第13節 浦和レッズ-鹿島アントラーズ

新しくオリベイラ監督が就任した浦和と、かつて同監督のもとでJ1の3連覇...

記事を読む

「ハリルホジッチを”救えなかった”大島が復帰、ワンタッチで鳥栖を陥落させる」J1第10節 サガン鳥栖-川崎フロンターレ

攻撃の要であるイバルボを欠き、得点力不足にあえいで4連敗中、しかも主力...

記事を読む

新着記事

「W杯で対戦するレヴァンドフスキ、ハメス・ロドリゲスを長谷部が整え、フランクフルトが30年ぶりのタイトル獲得!」DFBポカール 決勝 バイエルン・ミュンヘン-フランクフルト

大会最多優勝のバイエルンと、昨年に続いて2年連続で決勝進出のフランクフ...

記事を読む

「JトップGKによる華麗なスコアレスドローの共演、しかし見逃せないのは名将によるチーム力の底上げ」J1第15節 ガンバ大阪-浦和レッズ

今節のJ1は、ロシアW杯中断期間に入る前の最後となる試合。ガンバは4-...

記事を読む

”自分たちのサッカー”にとっての異物とみなされてしまった中島翔哉

もう個人的には関心が薄い話題になっていたので、昨日のガーナ戦の選手選考...

記事を読む

「”代えが効かないお二人”は当然の選出、年功序列の香りがするメンバー」ガーナ戦 兼 ロシアW杯最終候補・日本代表メンバー発表

まあ今さら誰を選ぼうとも「お好きにして下さい」という感情しか無い、親善...

記事を読む

「個人能力よりもチームとしての成熟度の差、それだけに酒井には体験して欲しかった」UEFAヨーロッパリーグ 決勝 マルセイユ-アトレティコ・マドリー

今朝の早朝、ちょうど5時ぐらいに目が覚めたので追っかけ再生でヨーロッパ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑