「そして岡崎が率いるレスターだけが、プレミアリーグ最後の希望になった」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第2レグ ASモナコ-マンチェスター・シティ

スポンサードリンク

これまでバルサとバイエルンで頂点を極め続けてきたグアルディオラ監督が、マンチェスター・シティでまだ期待された活躍が出来ていない理由として、ペップサッカーの根幹である精度の高いビルドアップが出来る技術を持ったDFがおらず、それなのに自陣で無理やり繋ごうとしてミスから失点、相手に先制点を奪われた後はガッチリ守られてカウンターという、ポゼッションサッカーの天敵と言えるサッカーを相手にさせてしまっている事が挙げられる。

そしてもう1つは、プレミアリーグに対する経験値不足。ただでさえ過密日程なプレミアリーグは、ウインターブレイクが無くてクリスマスから正月にかけても試合がある凄まじいスケジュールで、プレミアのチームがスター選手を抱えていながら、多くの選手が怪我や疲労でコンディションを落とし、チャンピオンズリーグで早期敗退してしまう理由だと言われている。

マンチェスター・シティはホームでの第1レグを5-3で勝利した安心感もあったのか、今週にモナコホームで行われた第2レグの前半は、とにかく選手の動きが極端に鈍く、完全にその罠に嵌った展開になってしまった。

前半8分にモナコが決めた先制点では、CKからの流れでメンディのドリブルにサネがあっさり抜かれ、シュートを1度は弾いたものの、セカンドボールをベルナルド・シルヴァに拾われてクロスをムバッペに決められ、29分にはまたもあっさり左サイドをメンディに破られ、折り返しをファビーニョが決めてモナコが2点目、ここでアグリゲートスコアでシティが早速逆転されてしまった。

後半になると、さすがに前半をシュートゼロに終わったシティも目が覚めたのか、前半とはまるで違って前から積極的にプレスをかけるようになり、アグエロやスターリングが何度もバイタルやペナルティエリアで前を向いて決定機を作り始めると、26分にデ・ブライネからのフィードを受けたスターリングがシュート、これをGモナコKスパシッチが何とか弾くものの、こぼれ球をサネが押し込んで2-1とシティが逆転する。

これでシティは一安心と思いきや、その6分後にFKからバガヨコが頭で決めて再々度モナコがトータルで逆転してしまう。その後はシティが3バックに変更してサイドからモナコを攻め立てるものの、クロスの精度が足らず失点からはシュートゼロ。モナコに逆転負けを食らってベスト16での敗退が決定してしまった。

結局、チャンピオンズリーグに4チームが出場したプレミアリーグで、ベスト8に生き残ったのはリーグ戦で16位と低迷しているレスターのみ。レスターはグループリーグの相手に恵まれたとは言え、そう考えると大変な偉業だよね(笑)。レスターが準々決勝で対戦する相手はアトレティコ・マドリーに決定したが、是非ともプレミアリーグ最後の生き残りとして互角な戦いを見せてほしいね。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「十八番の”クリスマスツリー”と共に心中したのは本望か」UEFAチャンピオンズリーグ グループB パリ・サンジェルマン-バイエルン・ミュンヘン

ネイマール、カバーニ、ムバッペという世界最強クラスの3トップを擁するP...

記事を読む

「ドルトムントが”破壊の鉄球とおなべのふた”路線を撤回してしまっては意味が無い」UEFAチャンピオンズリーグ グループH トットナム・ホットスパー-ボルシア・ドルトムント

レアル・マドリーと同じグループとあって、どちらかがグループ敗退の運命と...

記事を読む

「窮余の策である”偽9番”が、ネイマールロスに悩むバルサの最適解となるのだろうか」UEFAチャンピオンズリーグ グループD バルセロナ-ユベントス

ネイマールがPSGに電撃移籍した後、スペイン・スーパーカップではレアル...

記事を読む

「らしくないブッフォン、らしくないユベントス、決勝の魔力に屈する」UEFAチャンピオンズリーグ決勝 ユベントス-レアル・マドリー

昨日は淡路島まで日帰りドライブに出かけ、お疲れ状態+酒でフラフラしなが...

記事を読む

「18歳のワンダーボーイに、34歳と39歳のおじさんが立ちはだかる」UEFAチャンピオンズリーグ準決勝 第1レグ モナコ-ユベントス

レアルがアトレティコを3-0で一蹴した翌日に行われた、チャンピオンズリ...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑