「今なら代表のトップ下は、清武じゃなくて香川がベターかもしれない」DFBポカール 準々決勝 シュポルトフロインデ・ロッテ-ドルトムント

水曜はACLの日本勢は両方負けてしまったし(笑)、昨日はDAZNで香川が先発したDFBポカールの準々決勝を観戦。相手は現在3部のシュポルトフロインデ・ロッテ。綴りまで日本のロッテと同じなので、何か関係でもあるのかと思ったら単に都市の名前がLOTTEなんだね。

ドルトムントは、最近では主に3バックのフォーメーションを取る事が多いが、この試合ではギンターとバルトラのCBに、シュメルツァーとピシュチェクのCB、中盤は香川がゲレイロとインサイドハーフを組んでアンカーにカストロ、前線は1トップがシュールレ、ウイングにプリシッチとデンベレの4-3-3でスタートして来た。

試合の序盤は、ホームのロッテが勢い良くロケットダッシュ。ドルトムントはベンダーとバルトラの対人軽いコンビのCBに、アンカーのカストロもバイタルを離れがちで、ロッテのガンガンプレスの前にタジタジ状態。セットプレイからラインを上げるのは良いのだが、人を見てないのでセカンドボールをまた裏に放り込まれ、ラインと入れ替わるように飛び出したロッテの選手がフリーになるなど、何度も危ないシーンを作ってしまう。

前半の15分を過ぎると、さすがに飛ばし過ぎたのかロッテのプレスが落ち着き、ようやくドルトムントはボールを持てるようになるのだが、3トップがワイドに位置しているため中盤が間延びし、4-4-2の3ラインでコンパクトに守るロッテに対して、3人の中盤がなかなかボールに良い形で触れない。何とかサイドを中心にボールは運ぶのだが、ピッチが荒れているのもあってかアタッキングサードから先の攻撃にミスが多く、オフサイドになったりクロスが合わなかったりでシュートまで持ち込めず、ドルトムントは得点を上げられないまま前半を終了する。

さすがにこれは機能しないとトゥヘル監督も実感したのか、後半から香川がトップ下に移り、ゲレイロとカストロがダブルボランチになった4-2-3-1にフォーメーションを変更すると、ドルトムントのポジションバランスが見違えるようにコンパクトになる。ラインが上がる分、DFが裏を取られる場面はあるが、それ以上に敵陣でポゼッション出来るようになった。

スペースが少ないトップ下に入ると、不調の香川であればボールを受けてもバックパスからリターンをもらって前を向こうという他力本願なプレイが多くなるのだが、この試合ではマークに付かれていても自らターンやフェイントで打開を試みるなど、個人で前へ推進しようとする意欲が感じられた。

すると後半4分に、スルーパスを左サイドで抜けた香川がシュート、ニアを狙ったボールはロッテGKの出した足に当たって防がれてしまったが、そのプレイでGKの癖を見抜いたのか、後半12分にドルトムントはカウンターからデンベレがドリブル、オーバーラップしたプリシッチが、今度は足を出したGKの股間を通す冷静なシュートを決めてドルトムントが先制する。

そこから香川はあまり無理なプレイをせず散らしに専念し、徐々にデンベレの個人技が目立つ時間帯に。21分に左サイドでボールを受けた香川がボールを持ち出してファーへクロス、頭で折り返したボールをシュールレが叩き込む、香川が得意とする形で2点目をゲットすると、38分にはシュメルツァーがPAやや右からFK、コースは甘かったがGKが両手に当てながら後逸して3点目、これで試合は勝負あり。

試合終盤は、メリノやモルといった出番が少ない選手が投入され、彼らがひたすら個人技でアピールする展開になってしまったので消えてはしまったが、香川は先発フル出場。得点こそ無かったが、体のキレや判断は好調を維持しており、この出来だったら清武の状態によっては香川がトップ下で先発も十分あり得るのではないだろうか。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

「良くも悪くも集大成と言える内容、ドルトムントにトゥヘルの明日はあるのだろうか」DFBポカール決勝 フランクフルト-ボルシア・ドルトムント

昨日は恒例のイベントで朝から夜まで立ち続け、ヘロヘロ状態での観戦だった...

記事を読む

「おしどり夫婦のケルンと、仮面夫婦のマインツという大きな差」ドイツ・ブンデスリーガ第34節 ケルン-マインツ

33節終了時点では7位に位置し、ヨーロッパリーグ出場権獲得に向けて絶対...

記事を読む

「トゥヘル時代を象徴するバカ試合で、チャンピオンズリーグのストレートイン確定」ドイツ・ブンデスリーガ第34節 ボルシア・ドルトムント-ブレーメン

最終節のホーム戦で、8位のブレーメンに勝てばチャンピオンズリーグのスト...

記事を読む

「空回りの悪い流れを、残留を決める自らのゴールで全てひっくり返してしまった武藤」ドイツ・ブンデスリーガ第33節 マインツ-フランクフルト

昨日は飲む用事があって酒が入った状態での観戦だったので簡単に。 ...

記事を読む

「去就問題の真っ最中、トゥヘル監督の問題点が凝縮されたような試合」ドイツ・ブンデスリーガ第33節 アウグスブルク-ボルシア・ドルトムント

ドイツ・ブンデスリーガも残り2試合。チャンピオンズリーグのストレートイ...

記事を読む

新着記事

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「柴崎がテネリフェのアイドルになった理由は、香川以上の意外な”柔軟性”にあり」

既にほとんどの欧州リーグがシーズンを終了しているのに、まだあと2節+昇...

「良くも悪くも集大成と言える内容、ドルトムントにトゥヘルの明日はあるのだろうか」DFBポカール決勝 フランクフルト-ボルシア・ドルトムント

昨日は恒例のイベントで朝から夜まで立ち続け、ヘロヘロ状態での観戦だった...

「大人のイタリアに頭を押さえつけられ、談合に同意させられた日本」U-20ワールドカップ グループD 日本-イタリア

いきなり試合開始3分に、左SBで先発した杉岡がラインを乱して先制点を決...

「”決勝マイスター”モウリーニョの完璧過ぎるゲームプラン」UEFAヨーロッパリーグ決勝 アヤックス-マンチェスター・ユナイテッド

ボールポゼッションが69%対31%、シュート数が17対7と聞けば、10...

2016-2017シーズン海外組通信簿(オランダ、ベルギー、オーストリア、フランス編)

欧州の主要リーグがほぼ終了に近づいて来たので、忘れないうちに恒例の海外...

→もっと見る

PAGE TOP ↑