「”控えGK”曽ヶ端がもたらした、クラブ・ワールドカップを思い出させる鹿島の安定感」アジア・チャンピオンズリーグ グループE 鹿島アントラーズ-ブリスベン・ロアー

スポンサードリンク

第1戦で蔚山相手に勝利を収めるも、2戦目はアウェイでムアントン・ユナイテッドに苦杯、鹿島にとってはホームで絶対に勝利が必要なACLグループステージ3戦目。相手はここまで未勝利のブリスベン・ロアー。

フォーメーションは鹿島の4-4-2に対してブリスベンは4-2-3-1だが、守備時は4-4-2の3ラインゾーン・ディフェンスになるし、丁寧にパスを繋ぐサッカースタイルもほぼ同じ。しかしいつも思うんだけど、日本相手ならオージーはひたすらデカイFWにロングボールを放り込むだけで勝てると思うんだけど、何故か最近は代表でもクラブでも日本にとっては与し易いショートパスサッカーをやってくるんだよね。

案の定、試合の序盤こそ1トップのマクラーレンが前線で左右に流れてポストプレイで基点となり、そこからサイドが鋭い出足で前を向いてボールを受けるなど、ブリスベンが攻撃のリズムを作るのだが、鹿島もすぐさまマクラーレンに対してDFがきっちり2人でケアをするようになると、あっさりと鹿島が試合のペースを握り返す。

ブリスベンは前半26分にボレロが右サイドを完全に破り、グラウンダーのクロスをマクラーレンがスルーしてフリーになったホルマンがシュートを放つがGK曽ヶ端がギリギリ手に当てて防いだが、この試合でブリスベンが勢いを見せた時間はほぼそこまで。前線で基点を作れないブリスベンは、それでも中盤で繋いで攻めようとするのだが、そこをレオ・シルバを筆頭とした鹿島の守備の出足にカットされ、あとはミドルシュートやセットプレイで単発のチャンスを作ったのみ。

ただ、鹿島も金崎や土居の飛び出しに合わせる形で何度かチャンスを作るもなかなか決められなかったのだが、前半43分に右サイドをオーバーラップした伊東の折り返しを、何故か中でフリーになっていた鈴木がダイレクトで合わせて先制ゴール。鈴木はそれまで消えがちだったのだが、こういうところであっさり点を取ってしまうのはストライカーとしての天性なのか。

後半はもちろんブリスベンが前から来て、ようやくフィジカルを活かした攻めで圧力を強めるのだが、鹿島はコンパクトな守備を崩さず落ち着いて対応すると、この日は出来がイマイチだった永木に代えて小笠原、前半は頑張った伊東に代えて西を投入して試合を締めにかかる。すると31分に、CKでフリーになった植田がヘディングは当たり損ねたもののそのままGKと交錯して押し込み2点目を決めると、4分後には右サイドでボールを受けた遠藤が切り返しからのファーに狙いすましたシュートを決めて3点目、これで試合は勝負あり。

鹿島は永木や最後に入った中村以外は全員それなりに良い出来だったのだが、あえてMOMを挙げるとすれば曽ヶ端。久々の先発ではあったが、クラブW杯での活躍を思い出させるような落ち着いたプレイで、ピンチは少なかったが決定機をきっちり止めて相手に流れを渡さなかった。

また、裏の試合ではムアントンと蔚山がスコアレスドローで引き分け、鹿島は3試合消化の折り返しで勝ち点6の首位に立った。3位の蔚山が勝ち点4なのでまだまだ安泰とは言えないが、まずまず順調な前半戦だったのではないだろうか。次は4/12にブリスベンでの再戦になるが、ここで勝てばグループ突破も視界に入ってくるはずだ。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「代表にとっても手本となる自主性、柔軟性がもたらした浦和の勝利」アジア・チャンピオンズリーグ決勝 第2レグ 浦和レッズ-アル・ヒラル

昨日は同窓会があって試合が見られず、今朝に1.5倍速で試合を見ただけな...

記事を読む

「ACLバージョンの”耐える浦和”は、またもホームで凱歌を揚げられるのか」アジア・チャンピオンズリーグ決勝 第1レグ アル・ヒラル-浦和レッズ

昨日は丸一日を費やしたイベントの後でフラフラだったけど、何とか帰宅後に...

記事を読む

「ハリルホジッチは、堀監督に槙野と遠藤の使い方を教わるべき」アジア・チャンピオンズリーグ 準決勝第2レグ 浦和レッズ-上海上港

家がケーブルテレビを解約してしまったために、日テレジータスとかでやって...

記事を読む

「内容がまだ伴ってないのに、まさかの逆転首位突破」アジア・チャンピオンズリーグ グループG 川崎フロンターレ-イースタン

最初の4試合は全て引き分けでグループリーグ突破は厳しいと見られていたが...

記事を読む

「東南アジアの罠にはまり込んでしまったが、”神の手”ゴールで何とか首位通過」アジア・チャンピオンズリーグ グループE 鹿島アントラーズ-ムアントン・ユナイテッド

ここまで無敗で首位を快走するムアントンと、勝ち点2差で追いかける鹿島と...

記事を読む

新着記事

「”ケルンで今期勝ち点3”のシュテーガー監督が、ドルトムントを救った魔法とは」ドイツ・ブンデスリーガ第16節 マインツ-ボルシア・ドルトムント

クラブW杯の浦和戦やパチューカ戦など、昨日は見たい試合がたくさんあった...

記事を読む

「小林悠、そして岡崎にとっては運命の分かれ道」EAFF E-1サッカー選手権 日本-中国

試合終了間際のゴールで辛勝に終わった北朝鮮戦から、7人のメンバーを入れ...

記事を読む

「吉田は先発復帰も、わずか頭半分届かずドローに持ち込まれる」イングランド・プレミアリーグ第16節 サウサンプトン-アーセナル

順位は11位ながら、ここ6試合でわずか1勝と得点力不足で勝ちきれない試...

記事を読む

セレッソの杉本、ガンバの井手口が冬に海外移籍確実!

昨日は久々にワインを1本飲んで酔っ払ってしまい、夜にパチューカの試合を...

記事を読む

「W杯本番モードギプスで割りを食った選手、得をした選手」EAFF E-1サッカー選手権 日本-北朝鮮

ぶっちゃけ、海外組と浦和のメンバーがおらす怪我人も続出、スタメンのうち...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「”ケルンで今期勝ち点3”のシュテーガー監督が、ドルトムントを救った魔法とは」ドイツ・ブンデスリーガ第16節 マインツ-ボルシア・ドルトムント

クラブW杯の浦和戦やパチューカ戦など、昨日は見たい試合がたくさんあった...

「小林悠、そして岡崎にとっては運命の分かれ道」EAFF E-1サッカー選手権 日本-中国

試合終了間際のゴールで辛勝に終わった北朝鮮戦から、7人のメンバーを入れ...

「吉田は先発復帰も、わずか頭半分届かずドローに持ち込まれる」イングランド・プレミアリーグ第16節 サウサンプトン-アーセナル

順位は11位ながら、ここ6試合でわずか1勝と得点力不足で勝ちきれない試...

セレッソの杉本、ガンバの井手口が冬に海外移籍確実!

昨日は久々にワインを1本飲んで酔っ払ってしまい、夜にパチューカの試合を...

「W杯本番モードギプスで割りを食った選手、得をした選手」EAFF E-1サッカー選手権 日本-北朝鮮

ぶっちゃけ、海外組と浦和のメンバーがおらす怪我人も続出、スタメンのうち...

→もっと見る

PAGE TOP ↑