「整えど整えど猶わが暮らし楽にならざりぢっと手を見る by 長谷部誠」ドイツ・ブンデスリーガ第22節 ヘルタ・ベルリン-フランクフルト

奥寺康彦氏が持つ日本人ブンデスリーガ1部の出場記録234試合に並ぶ、長谷部にとってのメモリアルゲームになったヘルタ戦だが、フランクフルトには怪我人と出場停止が続出、レギュラーのCB2人、ボランチが1人いないという非常事態で迎える羽目になった。

そんな苦しい台所事情の中でフランクフルトが選んだ策は、何と3バックの左右CBにオツィプカ、チャンドラーというSBが本職の選手を起用、長谷部がアンカーという3-1-4-2という形であった。ヘルタのフォーメーションは4-2-3-1なので、普段は1トップであれば4バックにして数的優位のマッチアップにするニコ・コバチ監督にしては珍しい起用法である。

試合が始まると、その狙いがはっきり見えた。3バックと長谷部の4人でヘルタの前線4人を完全にマンマークで抑え、マイヤーではなく守備が出来るセフェロヴィッチとレビッチで前からプレスをかけ、ラインを高めに設定して自ゴールから遠ざけ、急造CBの高さや連携不足をスピードで補うというプランである。この罠にヘルタは見事に嵌まり込み、前線で基点が作れず何と前半35分までシュートを1本も打つことが出来なかった。

逆にフランクフルトは、29分にレビッチがスルーパスを受けてGKと1対1になるビッグチャンスをレビッチが作り、その直後にもCKから長谷部がコースにヘディングするなど、ヘルタGKヤーステインの好守もあって得点にはならなかったが4本のシュートを放ち、前半は完全にフランクフルトのペースだったと言える。

ヘルタもただ手をこまねいていただけではなく、前半の終わり頃から原口らSHが下がってボールを受け、そのスペースにSBがオーバーラップする形で、フランクフルトのマンマークを剥がす攻撃を見せ始めると、後半からは攻撃時にアンカーが下がって3バックのようになり、SBが上がってSHと高さで並ぶ、3-2-4-1のような形を取ってフランクフルトのWBを5バックの位置にまで下げさせ、ポゼッションを優位にする策を取って来た。

そして後半7分、左サイドのカルーがダリダと入れ替わって中に入り込むと、マークに付いていたチャンドラーが一瞬マークを外してしまい、そこにオフサイド気味ではあったがシュタルクからのスルーパスが渡り、カルーの突進はDFに阻まれたものの、こぼれ球をイビシェヴィッチが押し込んでヘルタが先制点をゲットする。

こうなると前半とは全く逆の形で、ヘルタがフランクフルトの攻撃陣にしっかりマークを付けるマッチアップになり、原口もバレラからブルムへと交代してサイドを強化するフランクフルトの攻撃に合わせて守備に回る機会が多くなる。が、後半33分にセットプレイの後で、セフェロヴィッチがボールが無いところで肘打ちをしてしまって一発退場。

10人になっても攻めざるを得ないフランクフルトに対して、ヘルタは38分にセットプレイの流れからプラッテンハルトがミドルシュート。これはGKがセーブしてクリアしたものの、それを拾った原口からミッテルシュタットへ左に展開、クロスにフリーで飛び込んだダリダが決めてヘルタが2点目、これでフランクフルトは万事休す。第20節から公式戦3連敗になってしまった。

長谷部は3バック前のアンカーという難しい位置で、ダリダをマークしつつ左右のスペースへ入り込むカルーや原口にもカバーして自由にさせないなど、前半はとにかく守備を整えまくっていたが、後半は味方のミスやラフプレイ、判定に泣かされて立て直しきれず。せっかくの記念すべき試合なのに悔しい結果になってしまった。また出場停止の選手も増えてしまったので、メンバーが揃うまではひたすら耐えるしか無いね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

関連記事

「バイエルン相手の大健闘で、武藤にとってガンとなる存在が浮かび上がってしまった」ドイツ・ブンデスリーガ第30節 バイエルン-マインツ

プレーオフ圏のアウグスブルクと勝ち点で並び、残留争い真っ只中のマインツ...

記事を読む

「まるで手負いの虎のように、”飢えたプレイ”を見せ続けた武藤」ドイツ・ブンデスリーガ第29節 マインツ-ヘルタ・ベルリン

一時は7位まで上り詰めたのに、現在5連敗の15位とすっかり残留争いの渦...

記事を読む

「お疲れのドルトムント、香川はトラップが好調も2度の決定機をものに出来ず」ドイツ・ブンデスリーガ第29節 ボルシア・ドルトムント-フランクフルト

昨日は10時半からマインツの武藤とケルンの大迫、アウグスブルクの宇佐美...

記事を読む

「代表じゃなくてHSVでなら、酒井高徳も長谷部に見えるんだけど」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 ハンブルガーSV-ホッフェンハイム

今朝に行われる予定だったドルトムント対モナコのチャンピオンズリーグ準々...

記事を読む

「”左で仕掛けて右で仕留める”新しいスタイルでドッペルパックを決めた浅野」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第28節 シュツットガルト-カールスルーエ

勝ち点7差を付けられ、3部への降格ゾーンまっしぐらで今期2人目のスロム...

記事を読む

新着記事

「進化した浦和の攻撃に、5バックマンマークは最悪の選択だった」アジア・チャンピオンズリーグ

生放送の時は他の予約とかぶっていて見られなかった、浦和とウェスタン・シ...

記事を読む

「せっかくのドッピエッタの絶好機を失敗するとは、久保もやっぱり人間だった」ベルギー・ジュビラー・プロリーグ 優勝プレーオフ第5節 ズルテ・ワレヘム-ゲント

前節は優勝プレーオフで最下位のオーステンデを相手に、久保のゴールでかろ...

記事を読む

「蔚山GKキム・ヨンデが、鹿島にまさかのトリプル逆アシスト」アジア・チャンピオンズリーグ グループE 蔚山現代-鹿島アントラーズ

現在グループ2位と順調ではあるが、この試合に負けると勝ち点1差の3位に...

記事を読む

「Jリーグの負けパターンを救った、チョン・ソンリョンともう1人」アジア・チャンピオンズリーグ 水原三星-川崎フロンターレ

昨日は酒を飲んで帰ってからの録画観戦だったので簡単に。 正直、川...

記事を読む

「個人能力ショーと化したエル・クラシコを最後に飾った、千両役者の見事な復活劇」スペイン・リーガエスパニョーラ第33節 レアル・マドリー-バルセロナ

ともにミッドウィークでチャンピオンズリーグを戦った直後のエル・クラシコ...

記事を読む

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑