「この守備で7年連続ベスト16というのは、アーセナルは別の意味で驚異的」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第1レグ バイエルン-アーセナル

今週行われたチャンピオンズリーグベスト16のもう1つのビッグマッチ、バイエルン対アーセナルの試合は、ご存知のようにバイエルンが5-1で圧勝し、7期連続でベスト16で敗退という不名誉な記録を更新しそうなアーセナルのベンゲル監督には解任論が出る事態になっているわけだが、まるでコピーのような昨年の記事を見つけてしまって苦笑せざるを得ない(笑)。

それにしても、アーセナルの試合を見ていていつも思うのは、「ベンゲル監督には守備組織を作るという概念が存在しないな」という事である。フォーメーション的には攻撃時が4-2-3-1、守備時には4-4-2の形になるオーソドックスなスタイルなのだが、4バックは一応ラインは形成しているものの中盤が全くのバラバラで、見るからに約束事じゃなくて個人の判断だけで、前に出て潰すのか引いて付いていくのか、それともステイするのかなどの対応が行われているのがミエミエなのだ。

バイエルンは、シャビ・アロンソが的確にサイドチェンジを繰り出して相手のゾーンを右往左往させ、シャビ・アロンソがマークされたと思ったら今度はフンメルスが前に出て来てフリーで楽々と縦パスを通すなど、アーセナルの適当守備をやすやすと掻い潜って思うがままにビルドアップを繰り出していた。

前半の11分に、ロッベンが得意の右45度からのシュートを決めた場面でも、コクランが不用意にサイドに寄って中のスペースを空けてしまい、ロッベンのカットインについて行けずに後追いになって、まんまとそのスペースからシュートを撃たれてしまった。それを見ても、アーセナルにはゾーン・ディフェンスの基礎すら出来ていないのが良く分かる。

しかし、そんな守備組織が存在しないチームであっても、アーセナルがプレミアリーグではダントツとなるチャンピオンズリーグに19期連続で出場という結果を残し続けているのは何故なのか。ボロボロの状態になりながらもその後は猛攻を耐え忍び、前半の30分にラッキーな判定でレヴァンドフスキがPKを取られてアーセナルが同点に追いついてからは、ほんの少しだけその理由を示し始める。

ボールを奪ってから各選手が素早く動き出し、高速パスを繋いでコレクティブカウンターを仕掛けるアンリ時代を思い出す攻撃で、前半の39分にはジャカが完全にフリーで正面からシュートを打ち、45分にはエジルがライン裏へ抜け出しGKノイアーと1対1になる決定機を作る。が、アーセナルが逆転の気配を感じさせたのはこの数分間だけだった。

後半8分に、バイエルンはエジルのミスからカウンターを仕掛け、ロッベン、ラームと繋いで最後はレヴァンドフスキがクロスをきっちりヘディングで決めると、3分後にはチアゴ・アルカンタラの飛び出しにアーセナルは誰もマークに行かず、レヴァンドフスキが後ろへ通したボールをフリーで流し込んで3点目。これでアーセナルは完全に気持ちが切れてしまい、その後は4バックすらまともにラインを作れなくなり、あとはバイエルンのやりたい放題。で、終わってみれば5-1の大差。

まだアウェイの第1レグなんだから、3-1の時点で踏みとどまっていればまだ可能性はあったんだけど、そこであっさり気持ちが切れて為す術もなく2点を追加されてしまうところがアーセナルらしいと言うか・・・(苦笑) バルサの場合と違って、バイエルンにはノイアーもいるしほぼこれでベスト16突破は絶望的になってしまった。さて毎度のベンゲル解任騒ぎは今年こそ本当に実現してしまうのだろうか?

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

「らしくないブッフォン、らしくないユベントス、決勝の魔力に屈する」UEFAチャンピオンズリーグ決勝 ユベントス-レアル・マドリー

昨日は淡路島まで日帰りドライブに出かけ、お疲れ状態+酒でフラフラしなが...

記事を読む

「18歳のワンダーボーイに、34歳と39歳のおじさんが立ちはだかる」UEFAチャンピオンズリーグ準決勝 第1レグ モナコ-ユベントス

レアルがアトレティコを3-0で一蹴した翌日に行われた、チャンピオンズリ...

記事を読む

「イスコを”ガンバの遠藤”として使い、アトレティコのプレスを無力化したジダン監督」UEFAチャンピオンズリーグ準決勝 第1レグ レアル・マドリー-アトレティコ・マドリー 

もはやチャンピオンズリーグの恒例行事とかしている、レアルとアトレティコ...

記事を読む

「メッシの至近距離シュートをも曲げる、ブッフォンの反重力」UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝第2レグ バルセロナ-ユベントス

ベスト16ではPSGに対する4点差のビハインドを、ホームのカンプ・ノウ...

記事を読む

「”絵に描いた餅”戦術と”調子だけで決める”人選が表したトゥヘルの限界」UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝第2レグ モナコ-ボルシア・ドルトムント

ドルトムントホームでの第1レグを2-3で落とし、敵地で2点差以上の勝利...

記事を読む

新着記事

「これで浦和が勝ったのではサッカーの神様も激怒する」J2第22節 セレッソ大阪-浦和レッズ

現在J1で首位と8位という対戦以上に、先の親善試合でセビージャに叩きの...

記事を読む

「U-17日本代表の命運を握るのは、久保君じゃなくてこの男」第21回 国際ユースサッカー in 新潟 U-17日本-U-17クロアチア

昨日は夜の12時になってもツール・ド・フランスはまだ残り100kmとか...

記事を読む

「バルデ最後の抵抗も、フルームにかすり傷1つ付けたのみ」ツール・ド・フランス2017 第18ステージ

今年のツール・ド・フランスで最後の山岳頂上ゴールとなる、アルプスの超級...

記事を読む

柴崎を寝取った格好になったヘタフェ、果たして両者は幸せな結婚となるのだろうか?

昨日はとある事情で早朝から病院へ行く羽目になり、ようやく昼頃解放されて...

記事を読む

「最強スプリンター・キッテルの悲劇、フランスとイタリアの凄絶な2位争い」ツール・ド・フランス2017 第16・17ステージ

とうとう最後の山場、アルプスステージが迫って来た今年のツール・ド・フラ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「これで浦和が勝ったのではサッカーの神様も激怒する」J2第22節 セレッソ大阪-浦和レッズ

現在J1で首位と8位という対戦以上に、先の親善試合でセビージャに叩きの...

「U-17日本代表の命運を握るのは、久保君じゃなくてこの男」第21回 国際ユースサッカー in 新潟 U-17日本-U-17クロアチア

昨日は夜の12時になってもツール・ド・フランスはまだ残り100kmとか...

「バルデ最後の抵抗も、フルームにかすり傷1つ付けたのみ」ツール・ド・フランス2017 第18ステージ

今年のツール・ド・フランスで最後の山岳頂上ゴールとなる、アルプスの超級...

柴崎を寝取った格好になったヘタフェ、果たして両者は幸せな結婚となるのだろうか?

昨日はとある事情で早朝から病院へ行く羽目になり、ようやく昼頃解放されて...

「最強スプリンター・キッテルの悲劇、フランスとイタリアの凄絶な2位争い」ツール・ド・フランス2017 第16・17ステージ

とうとう最後の山場、アルプスステージが迫って来た今年のツール・ド・フラ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑