「普通のチーム、普通の監督になってしまったシティとグアルディオラ」イングランド・プレミアリーグ第19節 リバプール-マンチェスター・シティ

クリスマスも年末年始も関係なく続くプレミアリーグは、選手たちには大変だろうがウインターブレイク中のサッカーファンにとっては非常にありがたい存在である。てなわけで、高校サッカーの試合が無かった昨日は、元旦に行われていたリバプールとマンチェスター・シティの試合を見てみた。

まず試合を見てみて驚いたのが、バルサではポゼッションサッカーの見本というべきチームを作り上げ、バイエルンでは戦術狂いかというぐらいに対戦相手と試合展開によってコロコロとフォーメーションを変えていたグアルディオラが、シティでは何の変哲も無い4-2-3-1で、特にポゼッションをするわけではない戦術的には凡庸なチームを送り出している事である。

確かにGKはそれまでのジョー・ハートを放出してまで足元が上手いブラボをスタメンに据えたし、CBも対人に怪しさはあっても技術があるストーンズを使うなど、ポゼッションに対するこだわりを捨てたわけではないようだが、やはりボランチがヤヤ・トゥーレ、フェルナンジーニョではゲームメイクは出来ないし、コラロフ、サバレタという両SBは、ジョルディ・アルバやダニ・アウベス、アラバ、ラームといったバルサとバイエルンのメンバーとは技術で比べ物にならない。

実際、この試合で前半の8分に喫した失点も、コラロフのミスパスからカウンターを受け、最後もララーナのクロスに対してコラロフがワイナルドゥムに競り負けて決められたものだし、シティがようやく攻撃を組み立てられるようになったのは、トップ下のシルバやアグエロがサイドに流れてボールを受けるようになってからで、いかにシティでは後ろから前線へ縦パスが出て来ていないかが証明されている。

ただそれは選手だけの問題というより、プレミアリーグの特徴にも理由があるように思われる。プレミアリーグの試合はとにかく縦方向の切り替えが非常に早く、選手にポゼッションをするための時間をほとんど与えてくれない。審判もボディコンタクトに甘く、テクニックでボールをキープする選手はあっという間に潰されてしまう。ギュンドアンの怪我により、一時期はあれだけ対立していたヤヤ・トゥーレを起用せざるを得ないほど、グアルディオラはボランチにフィジカルを重視せざるを得なくなっているのだろう。

それに比べると、2シーズン目でかつ欧州カップ戦が無いとは言え、リバプールとクロップの親和度は非常に高い。クロップが得意とするゲーゲンプレッシング戦術はプレミアリーグの試合展開に適していたし、フィルミーノやコウチーニョ、マネ、ララーナの覚醒など選手の才能を引き出す能力はドルトムント時代と変わらず極めて優秀である。

グアルディオラは、この試合の後に監督業を早期引退する意向を示したと言われているが、既にシティでのモチベーションを失いつつあるのではないかと心配になってしまうような、火を吹くようなリバプールの勢いと比べると、何とも覇気の薄さが寂しい試合であった。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

新着記事

「これで浦和が勝ったのではサッカーの神様も激怒する」J2第22節 セレッソ大阪-浦和レッズ

現在J1で首位と8位という対戦以上に、先の親善試合でセビージャに叩きの...

記事を読む

「U-17日本代表の命運を握るのは、久保君じゃなくてこの男」第21回 国際ユースサッカー in 新潟 U-17日本-U-17クロアチア

昨日は夜の12時になってもツール・ド・フランスはまだ残り100kmとか...

記事を読む

「バルデ最後の抵抗も、フルームにかすり傷1つ付けたのみ」ツール・ド・フランス2017 第18ステージ

今年のツール・ド・フランスで最後の山岳頂上ゴールとなる、アルプスの超級...

記事を読む

柴崎を寝取った格好になったヘタフェ、果たして両者は幸せな結婚となるのだろうか?

昨日はとある事情で早朝から病院へ行く羽目になり、ようやく昼頃解放されて...

記事を読む

「最強スプリンター・キッテルの悲劇、フランスとイタリアの凄絶な2位争い」ツール・ド・フランス2017 第16・17ステージ

とうとう最後の山場、アルプスステージが迫って来た今年のツール・ド・フラ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「これで浦和が勝ったのではサッカーの神様も激怒する」J2第22節 セレッソ大阪-浦和レッズ

現在J1で首位と8位という対戦以上に、先の親善試合でセビージャに叩きの...

「U-17日本代表の命運を握るのは、久保君じゃなくてこの男」第21回 国際ユースサッカー in 新潟 U-17日本-U-17クロアチア

昨日は夜の12時になってもツール・ド・フランスはまだ残り100kmとか...

「バルデ最後の抵抗も、フルームにかすり傷1つ付けたのみ」ツール・ド・フランス2017 第18ステージ

今年のツール・ド・フランスで最後の山岳頂上ゴールとなる、アルプスの超級...

柴崎を寝取った格好になったヘタフェ、果たして両者は幸せな結婚となるのだろうか?

昨日はとある事情で早朝から病院へ行く羽目になり、ようやく昼頃解放されて...

「最強スプリンター・キッテルの悲劇、フランスとイタリアの凄絶な2位争い」ツール・ド・フランス2017 第16・17ステージ

とうとう最後の山場、アルプスステージが迫って来た今年のツール・ド・フラ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑