「見た目は攻撃の清水と守備の札幌、しかし戦術的には攻撃の札幌、守備の清水」高円宮杯U-15 決勝 清水エスパルスジュニアユース-コンサドーレ札幌U-15

スポンサードリンク

今日は朝からゴミ出しの後に家具作り、そして大掃除とフル稼働で既にヘトヘト状態でまたも簡単に。

既にプレミアカップ、日本クラブユース選手権の2冠を達成している横綱、清水エスパルスジュニアユースに、ここまで4試合無失点、準決勝の湘南戦では6-0と圧勝して勝ち上がってきた札幌U-15との対戦。

試合は、いきなり前半6分に札幌のFKがゴールポストに当たってからの混戦で押し込み先制点が入るが、その5分後には清水のスローインから札幌のGK川上が右に寄っていたところで、清水の川本がGKの不意を突くミドルシュートを決めて同点に。

これで札幌のGKは少し浮足立ったのか、15分には清水の鈴木が左サイドから狙いすましたミドルシュートがファーサイドに決まって2点目を入れられると、今度は山崎がドリブルで左サイドから切れ込んで、またも同じコースにシュートを決めて早くも3点目。

しかし札幌はここから何とか立て直し、GK川上もその後はロビングのシュートを片手一本で弾くなど好セーブを見せ、最後は札幌が攻勢に出て清水を自陣に押し込むものの、清水はコンパクトなゾーンを作って粘り強く守り、試合はそのままタイムアップ。清水が今期3冠目を手にする事になった。

結果としては下馬評通りで決まってしまったが、札幌が前半の短い時間帯にガタガタと崩れて3失点をしてしまった事が響いただけで、内容的にはかなり拮抗した試合だったと言える。

札幌は、守備はゾーンディフェンスをベースに早いタイミングでマンマークに移る戦術だったが、2列目のプレスバックが忠実で常に数的優位を保って守れており、攻撃に移るとスペースへの早い飛び出しやサイドチェンジで、清水のコンパクトなゾーンを大きな展開で揺さぶる狙いがはっきり見え、全員が労を惜しまず良く走り、攻守に規律を持ってプレイする好チームだった。

逆に清水は、攻撃面では前線の選手がマークに付かれてもドリブルで無理に抜こうとするなど、狭い局面を個人で打開しようという意識が強すぎ、それが結果的に遅攻を招いてしまって、確かにミドルシュートで3点は取ったが、チームとして札幌の守備を崩し切るようなシーンは作れなかった。

ただ守備組織については清水は非常に洗練されていて、SBがマークに出たらCBとの間をボランチが下がって埋めたりと、サッキ式ゾーン・ディフェンスのディアゴナーレの連動が出来ていて、4バックもゴールラインからの高さによって幅を変えたりと、終盤に押し込まれはしたが組織は最後まで乱れることがなく、最後まで札幌に決定機は与えなかった。

とにかく、この年代でしっかりゾーン・ディフェンスが完成されているのは心強い限り。ユースのトップクラブだけじゃなくて、こういう流れがもっと広く浸透して欲しいと願うばかりである。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「今のドルトムントに必要なのは、”アンバランス”という言葉」ドイツ・ブンデスリーガ

ウインターブレイクからの移籍志願ボイコットによって、エースのオーバメヤ...

「川島を見ようと思ったら、メスが強くて見せ場は1回だけだったの巻」フランス・リーグアン

10月に監督を解任したにも関わらず、12月の第17節までリーグ戦で1勝...

「しょっぱいプレイでしょっぱく勝つというのも、酒井の大事な仕事である」フランス・リーグアン第21節 マルセイユ-ストラスブール

新年からも連勝を続けて好調なリスタートを切ったマルセイユは、16日にホ...

「シティの30戦無敗の記録を、”ペップキラー”クロップのリバプールが止める」イングランド・プレミアリーグ

ここまで30戦無敗、リーグ戦は2位に勝ち点15という圧倒的な差を付けて...

「香川のゲームメイクと香川のチャンスメイク、香川のシュートが必要」ドイツ・ブンデスリーガ第18節

シュテーガー監督になってからは調子が上向いているものの、ウィンターブレ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑