「やっぱり酒井高徳のボランチは、思考がドイツ人のように見える」ドイツ・ブンデスリーガ第14節 ハンブルガーSV-アウグスブルク

スポンサードリンク

酒井高徳がキャプテンに就任してから何故か負け無しのHSVが、最近の公式戦12試合でわずか1勝と不調のアウグスブルクをホームに迎えての試合。

フォーメーションはどちらも4-4-1-1のマッチアップで、一応守備時にはゾーンをセットするのだが、実質的には全てのポジションで激しいツヴァイカンプフが繰り広げられ、ボールを奪うととにかく前線へと早くボールを送るという、ドイツ2部のようなサッカーが展開された。

そんなわけなので、戦術的な見どころというのはほとんど無く、シュートの場面はたまたま肉弾戦のこぼれ球がゴール前に落ちるか、セットプレイぐらいしか無かったのだが、前半44分にHSVのホルトビーが相手に首を抱えるように倒された事に激高、肘で報復をしてしまって一発退場。

これでHSVは4-4-1にせざるを得なくなり、そうなるとパスの出どころが抑えられず、サイドを崩されて2度ほど完全な決定機を作るのだが、どちらも「急にボールが来たので」クラスの信じられないシュートミスで得点ならず。

すると後半21分に、ホルトビーを退場に追い込んだアウグスブルクのコールが中央で酒井高徳の足を刈ってしまい2枚めのイエローで退場。その直後に、ミュラーのドリブル突破からのシュートがゴールポストに当たり、跳ね返りをコスティッチが上手く流し込んで、逆にHSVが先制する。

逆転を狙うアウグスブルクは宇佐美を投入、前節は攻撃への切り替えが遅かった宇佐美だったが、この試合ではそれが改善されて何度か攻撃の基点となるも、守備を固めるHSVに対して崩しきるまでは行かず、試合は1-0でタイムアップ。この試合後にアウグスブルクのシュスター監督が解任されるという事態になった。

酒井高徳は、解説の人が言うにはあまりビルドアップに参加するなという事らしく、終始バランスを取りながらボールの状況を判断してカバーに行ったりスペースを埋めたりと、サッキのゾーン・ディフェンスのような精緻なシステムはやってないが、ボールにあまり食いつかないポジショニングといい、安易なバックパスをせずに粘って前にボールを出そうという姿勢といい、今までの日本人ボランチらしくないプレイぶりという印象。やっぱりドイツ人の血が入っているんだなと改めて思わされるね。

宇佐美はオフ・ザ・ボールのクォリティが向上しているのは確かで、それが新監督の目にどう判断されるか。暫定的にユースチームを率いるマヌエル・バウム氏が就任するようだが、彼を活かせる戦術をやってくれる監督である事に期待したい。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「今のドルトムントに必要なのは、”アンバランス”という言葉」ドイツ・ブンデスリーガ

ウインターブレイクからの移籍志願ボイコットによって、エースのオーバメヤ...

「川島を見ようと思ったら、メスが強くて見せ場は1回だけだったの巻」フランス・リーグアン

10月に監督を解任したにも関わらず、12月の第17節までリーグ戦で1勝...

「しょっぱいプレイでしょっぱく勝つというのも、酒井の大事な仕事である」フランス・リーグアン第21節 マルセイユ-ストラスブール

新年からも連勝を続けて好調なリスタートを切ったマルセイユは、16日にホ...

「シティの30戦無敗の記録を、”ペップキラー”クロップのリバプールが止める」イングランド・プレミアリーグ

ここまで30戦無敗、リーグ戦は2位に勝ち点15という圧倒的な差を付けて...

「香川のゲームメイクと香川のチャンスメイク、香川のシュートが必要」ドイツ・ブンデスリーガ第18節

シュテーガー監督になってからは調子が上向いているものの、ウィンターブレ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑