「やっぱり酒井高徳のボランチは、思考がドイツ人のように見える」ドイツ・ブンデスリーガ第14節 ハンブルガーSV-アウグスブルク

酒井高徳がキャプテンに就任してから何故か負け無しのHSVが、最近の公式戦12試合でわずか1勝と不調のアウグスブルクをホームに迎えての試合。

フォーメーションはどちらも4-4-1-1のマッチアップで、一応守備時にはゾーンをセットするのだが、実質的には全てのポジションで激しいツヴァイカンプフが繰り広げられ、ボールを奪うととにかく前線へと早くボールを送るという、ドイツ2部のようなサッカーが展開された。

そんなわけなので、戦術的な見どころというのはほとんど無く、シュートの場面はたまたま肉弾戦のこぼれ球がゴール前に落ちるか、セットプレイぐらいしか無かったのだが、前半44分にHSVのホルトビーが相手に首を抱えるように倒された事に激高、肘で報復をしてしまって一発退場。

これでHSVは4-4-1にせざるを得なくなり、そうなるとパスの出どころが抑えられず、サイドを崩されて2度ほど完全な決定機を作るのだが、どちらも「急にボールが来たので」クラスの信じられないシュートミスで得点ならず。

すると後半21分に、ホルトビーを退場に追い込んだアウグスブルクのコールが中央で酒井高徳の足を刈ってしまい2枚めのイエローで退場。その直後に、ミュラーのドリブル突破からのシュートがゴールポストに当たり、跳ね返りをコスティッチが上手く流し込んで、逆にHSVが先制する。

逆転を狙うアウグスブルクは宇佐美を投入、前節は攻撃への切り替えが遅かった宇佐美だったが、この試合ではそれが改善されて何度か攻撃の基点となるも、守備を固めるHSVに対して崩しきるまでは行かず、試合は1-0でタイムアップ。この試合後にアウグスブルクのシュスター監督が解任されるという事態になった。

酒井高徳は、解説の人が言うにはあまりビルドアップに参加するなという事らしく、終始バランスを取りながらボールの状況を判断してカバーに行ったりスペースを埋めたりと、サッキのゾーン・ディフェンスのような精緻なシステムはやってないが、ボールにあまり食いつかないポジショニングといい、安易なバックパスをせずに粘って前にボールを出そうという姿勢といい、今までの日本人ボランチらしくないプレイぶりという印象。やっぱりドイツ人の血が入っているんだなと改めて思わされるね。

宇佐美はオフ・ザ・ボールのクォリティが向上しているのは確かで、それが新監督の目にどう判断されるか。暫定的にユースチームを率いるマヌエル・バウム氏が就任するようだが、彼を活かせる戦術をやってくれる監督である事に期待したい。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

「世界と戦うという事は、常に新しい気づきを生むチャンスでもある」Jリーグワールドチャレンジ2017 浦和レッズ-ボルシア・ドルトムント

最近は空席が目立つ埼玉スタジアムが満席という事で、さぞかしスタジアムは...

記事を読む

本田圭佑の移籍先は、まさかのメキシコ・パチューカ! そして香川もドルトムントと契約延長!

ミランを対談した本田圭佑選手の移籍先については、トルコのガラタサライか...

記事を読む

「チアゴ・アルカンタラ、ミュラーとの競争に今度こそ勝てるか?」レアル・マドリーのハメス・ロドリゲスがバイエルンに移籍

最近は家の事情で、クーラーのある部屋で寝ることが出来なくなったため、自...

記事を読む

”和製ゴレツカ”、鎌田大地がフランクフルトへ移籍!

つい先日、堂安律選手がオランダのフローニンゲンへの移籍が決まったところ...

記事を読む

2016-2017シーズン海外組通信簿(ドイツ編その2、おまけスペイン)

ダラダラ続けていた、海外組通信簿も今回が最終回。ドイツ・ブンデスリーガ...

記事を読む

新着記事

「これで浦和が勝ったのではサッカーの神様も激怒する」J2第22節 セレッソ大阪-浦和レッズ

現在J1で首位と8位という対戦以上に、先の親善試合でセビージャに叩きの...

記事を読む

「U-17日本代表の命運を握るのは、久保君じゃなくてこの男」第21回 国際ユースサッカー in 新潟 U-17日本-U-17クロアチア

昨日は夜の12時になってもツール・ド・フランスはまだ残り100kmとか...

記事を読む

「バルデ最後の抵抗も、フルームにかすり傷1つ付けたのみ」ツール・ド・フランス2017 第18ステージ

今年のツール・ド・フランスで最後の山岳頂上ゴールとなる、アルプスの超級...

記事を読む

柴崎を寝取った格好になったヘタフェ、果たして両者は幸せな結婚となるのだろうか?

昨日はとある事情で早朝から病院へ行く羽目になり、ようやく昼頃解放されて...

記事を読む

「最強スプリンター・キッテルの悲劇、フランスとイタリアの凄絶な2位争い」ツール・ド・フランス2017 第16・17ステージ

とうとう最後の山場、アルプスステージが迫って来た今年のツール・ド・フラ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「これで浦和が勝ったのではサッカーの神様も激怒する」J2第22節 セレッソ大阪-浦和レッズ

現在J1で首位と8位という対戦以上に、先の親善試合でセビージャに叩きの...

「U-17日本代表の命運を握るのは、久保君じゃなくてこの男」第21回 国際ユースサッカー in 新潟 U-17日本-U-17クロアチア

昨日は夜の12時になってもツール・ド・フランスはまだ残り100kmとか...

「バルデ最後の抵抗も、フルームにかすり傷1つ付けたのみ」ツール・ド・フランス2017 第18ステージ

今年のツール・ド・フランスで最後の山岳頂上ゴールとなる、アルプスの超級...

柴崎を寝取った格好になったヘタフェ、果たして両者は幸せな結婚となるのだろうか?

昨日はとある事情で早朝から病院へ行く羽目になり、ようやく昼頃解放されて...

「最強スプリンター・キッテルの悲劇、フランスとイタリアの凄絶な2位争い」ツール・ド・フランス2017 第16・17ステージ

とうとう最後の山場、アルプスステージが迫って来た今年のツール・ド・フラ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑