「メンタルや経験もそうだが、戦術のディテールが勝敗を分けた」Jリーグチャンピオンシップ 準決勝 川崎フロンターレ-鹿島アントラーズ

スポンサードリンク

何故か日本の場合、海外では常識のホームアドバンテージというものが無くて、逆にホームで引き分け以上、みたいな明らかに有利な条件であっさり負けてしまうことが多く、特にJリーグで優勝や昇降格がかかった試合によく見られてしまうわけだが、川崎フロンターレもしっかりその罠に嵌ってしまった。

ホームのチームが勢い良く試合に入ったのは良いが、数多くあった決定機に決められないうち、徐々に気持ちが前がかりになってカウンターやセットプレイを浴びて失点、そこから攻勢を強めようとするが、気持ちばかり焦ってミスが多くなり、ギクシャクした状態のままどんどん時間が過ぎてしまう・・・おそらく、前半3分にあった長谷川のクロスから大久保がフリーで放ったボレーシュートが決まっていれば、試合の展開は大きく変わっていたはずだ。

しかしチャンスに決めきれず、逆に後半の5分に、スローインから山本がマークを受けながらもクロスを上げると、ニアに飛び込んだ金崎が頭一つ抜け出してヘディングを流し込む。クロスを簡単に上げさせて、中の競り合いも甘かった川崎の集中力の欠如。こういうシーンも、攻め続けているホームチームに良くあるパターンである。

ここで風間監督も中村憲剛を入れて勝負を仕掛けるが、やはり怪我明けとあってかプレイに冴えがなく、決定機で放ったシュートもサイドネット。その後は谷口のクロスバーを越えるシュートなどの決定機が川崎にいくつかあったが決めきれず試合終了。川崎にとっては、鹿島よりもはるかに多い年間勝点を獲得していながら、ACLの出場権も逃してしまう痛恨の結果になってしまった。

という具合に、川崎と鹿島のメンタルや経験の差が大きく出てしまった試合だったは間違いないが、戦術的にももうちょっと川崎は何とかすべきだったのではないかという部分もある。

鹿島は守備時は4-4-2のゾーンを作るが、早めにDFラインがマンマークへと移るので、3-4-3のフォーメーションを取っている川崎にとっては、WBを上手く使えば必ずマークのずれを引き起こしてフリーな選手を作れたはずである。しかし、何故か終始WBの位置は高く上がらず中盤の位置に留まって単なるパスの中継点になってしまう事が多かった。

浦和やドルトムントは、WBを前線まで上げて5トップのような形にする事で、多くのチームが取る4バックのゾーン・ディフェンスを攻略しているわけだが、川崎の場合はサイドよりも中を使うことが多く、結局マークに突かれた選手の間でパスを繋がざるを得ない状態になってしまった。

これで風間監督は退任、来季はコーチだった鬼木氏が監督に昇格する事が決定しているが、もっとアグレッシブな戦術で、リーグに新風を吹き込む存在になってくれる事を期待したい。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2016/11/27 | Jリーグ, 未分類

関連記事

齋藤学選手の”禁断の移籍”は、Jリーグにとって格好のブックなのか?

昨日は家族にインフル疑いな症状が出てしまったので、帰宅してからいろいろ...

記事を読む

「名古屋を昇格に導いたのは、華麗なパスサッカーではなく体を張った守備だった」J1昇格プレーオフ 決勝 名古屋グランパス-アビスパ福岡

今期J2で3位と4位、ともに昨年J1から降格した同士である名古屋グラン...

記事を読む

「鹿島の胴上げを許さなかった、名波監督と中村俊輔の執念」J1第34節 ジュビロ磐田-鹿島アントラーズ

それにしても・・・一時は2位に対して勝ち点差8を付け、今期はJ1史上最...

記事を読む

「やっぱり今年の流行語大賞は”忖度”で決まり?」J1第33節 浦和レッズ-川崎フロンターレ

土曜日は浦和がACL決勝に出場していたため、水曜日に延期された川崎との...

記事を読む

「ACLを切らせて胴上げを断つ事を選んだ柏」J1第33節 鹿島アントラーズ-柏レイソル

2017年のJ1も残すところあと2試合。首位の鹿島アントラーズは今節で...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「今のドルトムントに必要なのは、”アンバランス”という言葉」ドイツ・ブンデスリーガ

ウインターブレイクからの移籍志願ボイコットによって、エースのオーバメヤ...

「川島を見ようと思ったら、メスが強くて見せ場は1回だけだったの巻」フランス・リーグアン

10月に監督を解任したにも関わらず、12月の第17節までリーグ戦で1勝...

「しょっぱいプレイでしょっぱく勝つというのも、酒井の大事な仕事である」フランス・リーグアン第21節 マルセイユ-ストラスブール

新年からも連勝を続けて好調なリスタートを切ったマルセイユは、16日にホ...

「シティの30戦無敗の記録を、”ペップキラー”クロップのリバプールが止める」イングランド・プレミアリーグ

ここまで30戦無敗、リーグ戦は2位に勝ち点15という圧倒的な差を付けて...

「香川のゲームメイクと香川のチャンスメイク、香川のシュートが必要」ドイツ・ブンデスリーガ第18節

シュテーガー監督になってからは調子が上向いているものの、ウィンターブレ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑