「贔屓目に見なくても、岡崎のいないレスターはやはり弱くて退屈」UEFAチャンピオンズリーグ グループG コペンハーゲン-レスター

スポンサードリンク

ここ2試合先発が続いている岡崎は、疲労を考慮してかチャンピオンズリーグのアウェイ・コペンハーゲン戦ではベンチスタートになったが、その試合の前半はレスターの試合の中でも最も低調な内容になってしまった。

レスターのフォーメーションは、2トップがヴァーディとムサ、2列目がシュルップ、アマーティ、ドリンクウォーター、マフレズという並びの4-4-2だったのだが、復帰直後のアマーティが明らかに本調子でなく中盤が作れず、ホームで圧力をかけて来るコペンハーゲンにサイドのシュルップとマフレズが押し込まれ、ヴァーディとムサでは高さで対抗できないので、ひたすら相手のDFライン裏を目掛けて適当なボールを蹴り出すだけのサッカーになってしまう。

コペンハーゲンもフォーメーションは同じく4-4-2で、攻撃はサイドにボールを展開してひたすらサンタンデールとコルネリウスの2トップにクロスを上げるだけのパターンなのだが、モーガンとフートがそれを跳ね返しても、中盤でレスターの選手が高さ負けしてセカンドボールを拾われる展開になってしまい、どうにもジリ貧になってしまうレスター。

後半からは、完全に消えていたマフレズをトップ下、ムサを左SHにシフトした事で、レスターもようやくマフレズを基点に押し返す事が出来るようになるが、逆に今度はカウンターを食らって後半の14分と24分に、いずれもシュートが浮いて命拾いしたもののフリーで決定的なシュートを打たれ、25分には左サイドを崩されて至近距離からシュート打たれるが、GKシュマイケルが何とか体に当ててセーブ。その直後にレスターはたまらずシュルップに代えて岡崎を投入。

岡崎はポジション的にはトップ下だったが、ピッチを幅広く動いて守備をこなしながらも味方のパスを引き出し、結局彼自身にシュートは無かったが、カウンターからヴァーディとの連携であわや1点もののチャンスを作り出すなど、ボールを確実に繋いでレスターに落ち着きを作り出していた。やはり間違いなく岡崎が入るとレスターは別のチームになるという事が誰にも実感できただろう。

残り10分を過ぎてから、岡崎も守備に入ってドロー狙いで守りを固めるレスターに対し、コペンハーゲンはパワープレイで勝ち越しを狙い、後半45分に右サイドからのクロスをコルネリウスがヘディングでコースへ流したが、シュマイケルがきっちり反応してギリギリセーブ。試合はそのまま0-0のスコアレスドローで終了した。

レスターはグループリーグ勝ち抜けはならなかったが、チャンピオンズリーグ初参戦クラブとしては史上初の4試合連続無失点という珍記録をマークしての首位堅守。3位のコペンハーゲンとは残り2試合で勝ち点5の差があるので、決勝トーナメント進出はほぼ確定だろう。今回はベンチスタートだったが、次節ホームでのクラブ・ブルージュ戦では是非とも岡崎の先発で行ってもらって、きっちり勝利で突破を決めてほしいね。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「完成したのにチームを壊すトゥヘル、完成しないうちにイジってしまうボス」UEFAチャンピオンズリーグ グループH APOEL-ボルシア・ドルトムント

ここまでグループリーグ2連敗で、決勝トーナメント進出には絶対に勝ち点3...

記事を読む

「十八番の”クリスマスツリー”と共に心中したのは本望か」UEFAチャンピオンズリーグ グループB パリ・サンジェルマン-バイエルン・ミュンヘン

ネイマール、カバーニ、ムバッペという世界最強クラスの3トップを擁するP...

記事を読む

「ドルトムントが”破壊の鉄球とおなべのふた”路線を撤回してしまっては意味が無い」UEFAチャンピオンズリーグ グループH トットナム・ホットスパー-ボルシア・ドルトムント

レアル・マドリーと同じグループとあって、どちらかがグループ敗退の運命と...

記事を読む

「窮余の策である”偽9番”が、ネイマールロスに悩むバルサの最適解となるのだろうか」UEFAチャンピオンズリーグ グループD バルセロナ-ユベントス

ネイマールがPSGに電撃移籍した後、スペイン・スーパーカップではレアル...

記事を読む

「らしくないブッフォン、らしくないユベントス、決勝の魔力に屈する」UEFAチャンピオンズリーグ決勝 ユベントス-レアル・マドリー

昨日は淡路島まで日帰りドライブに出かけ、お疲れ状態+酒でフラフラしなが...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑