「後半戦のトゥヘルサッカーが招いた必然の敗戦」ヨーロッパリーグ 準々決勝第2レグ リバプール-ドルトムント

スポンサードリンク

試合前は明らかにドルトムントが有利と見られつつ、ホームでの第1レグで1-1のドローに終わってしまい、アウェイでは必勝体制で臨んだドルトムント。

香川をトップ下にした4-2-3-1の攻撃的な布陣で、前半9分のうちに2点を取るスタートダッシュで圧倒的に有利な立場に立ちながら、3-1となった後半12分から3点を奪われて大逆転を食らってしまうまさかの展開で敗退してしまった。

直接的な敗因としては、1点差に追いつかれてリバプールのセットプレイが続いた後半33分に、それまでCKをニアで再三弾いていた香川を下げてギンターを投入したものの、そのギンターが香川のポジション(?)に着くまでにCKを蹴られてサコに決められてしまった、トゥヘルの采配にあるのは間違いない。

ハーフタイムに、「子孫に代々、語り継げるような瞬間をつくり出そう。ファンのために特別な夜をつくり出そう」と選手が鼓舞せざるを得ないような言葉をかけたクロップと、明らかにパニックに陥っていたトゥヘルとの経験の差、モチベーターとしての能力が明暗を分けたと言えるが、メンタルだけでなく戦術的にもドルトムントが逆転される必然的な理由があったと見ている。

今期のドルトムントは4-3-3のフォーメーションで戦い、後半戦は3-4-3という形が多くなっていたが、どちらもSBやWBの選手が攻撃的なポジションを取る事で共通している。そして特に3バックになってからのドルトムントは、守備がマンマークに近い方法でほぼ固められていた。

この試合のドルトムントは前半を2-0とリードして終えたものの、1トップのオリジを基点に2列目のコウチーニョやフィルミーニョ、ララーナ、そしてボランチのミルナーまでゴール前に飛び込んで来るリバプールのゲーゲンプレッシングに対応しきれず、どれも枠を外したりブロックにあったりしたが、前半だけでPAの内から7本のシュートを打たれていた。

そこでドルトムントが、例えばアトレティコ・マドリーのようにコンパクトなゾーン・ディフェンスに切り替えていればそのまま守りきれた可能性は高かったと思うが、ドルトムントは後半も同じようなサッカーで通してしまった。しかもポゼッションで優位に立つ事が前提のマンマーク守備で、なおかつCBが1枚少ない4バックと来れば、相手に押し込まれたら混乱して失点を重ねることは必然である。

レヴィアダービーの後に危惧した通り、トゥヘル監督はダービーでほぼ2軍のメンバーを並べてドローで終わらせ、ダービーを捨ててまで臨んだヨーロッパリーグでは無様な逆転負けという最悪の結果になってしまった。これですぐ解任の噂が出るわけではないが、一時的に求心力の低下を招いているのは確かだ。この次の試合やポカールで再び己の価値を証明を出来るのだろうか。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「酒井の左サイドバックは、代表での新たなオプションになれるのか?」UEFAヨーロッパリーグ グループI オリンピック・マルセイユ-レッドブル・ザルツブルク

ヨーロッパリーグ・グループステージの最終節。グループIは、既にザルツブ...

記事を読む

「南野先発で快勝、ドルトムントはローズ監督を引き抜くべき」UEFAヨーロッパリーグ グループI ザルツブルク-ギマランイス

マルセイユも入っているヨーロッパリーグのグループリーグを、4戦して2勝...

記事を読む

「珍しく試合中の”出世魚”を果たした大迫」UEFAヨーロッパリーグ グループH ケルン-BATEボリゾフ

ここまでリーグ戦同様に結果を出せずグループステージ3連敗のケルンは、ホ...

記事を読む

「負けはしたが調子は上向き、改めてケルンでの重要性を証明した大迫」UEFAヨーロッパリーグ グループH ケルン-レッドスター・ベオグラード

今期は公式戦で7戦未勝利と絶賛絶不調中のケルン。晴れのヨーロッパリーグ...

記事を読む

「ガルシア監督に対する酒井のリベンジパフォーマンス」UEFAヨーロッパリーグ グループI マルセイユ-コンヤスポル

昨晩はいつものように各国のリーグ戦が行われていたけど、これは絶対に見た...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑