「変幻自在に光るユベントスのダイアモンド」欧州CL準決勝第2レグ レアル・マドリー-ユベントス

ユベントスホームでの第1レグを2-1で終えて迎えた、サンチャゴ・ベルナベウでの第2レグ。レアルは先制点を取ればアウェイゴールで逆転するとあって、ほどんどの予想がレアル有利であったが、蓋を開けてみれば1-1のドローに終わってユベントスが勝ち抜け。チャンピオンズリーグ連覇というレアルの野望は潰えることになった。

レアルが敗退した第一の原因はやはり油断。特に前半20分まではユーベの守備がバタバタしていて、その間にベイルのヘディングやベンゼマの抜け出しからシュートという決定的な場面があったのだが、そこの詰めが甘くて早い時間で特典を奪えなかった。そして前半23分にハメス・ロドリゲスがPA内でタックルを受け、PKをクリロナが決めて先制点を奪ったのだが、そこからレアルは明らかにペースを落としてカウンター狙いに切り換え、確かにチャンスは生まれたのだがそこでも決められず。

すると後半12分にセットプレイのこぼれ球を拾ってからのクロスをポグバが折り返し、このボールに対してレアルの守備陣はウォッチャーになってしまい、モラタがシュートモーションに入った時も詰めたのは1人だけという遅さで、至近距離からバウンドしたボールはカシージャスの反応を持ってしても間に合わなかった。これでアグリゲートスコアでは一転してユーベがリードとなる。

そこからハビエル・エルナンデスを投入してレアルはクロスを上げまくるものの、完全にカテナチオモードに入ったユーベの牙城は崩せずそのままタイムアップ。点を取れるべきチャンスをものにできず、1点取ったら安心して待ち受けモードになり集中力を切らして失点、そこから慌てて攻めたが時既に遅しという典型的な取りこぼしパターンだった。

ただしそのレアルの失態の裏には、同じ中盤ダイアモンドの4-3-1-2フォーメーションながら、相手の出方によって守備の仕方を流動的に変えるユベントスの巧みなディフェンスがあった事は見逃せない。

レアルが先制点を取るまでと、同点から終盤までの守備は、相手がボールを持つとトップ下のビダルがボランチまで下がり、インサイドハーフが開いた中盤のフラットの4-4-2となり、ボールホルダーにはFWの1人がしっかりマークについて攻め上がりまで見る4-5-1の形になる時もあるカテナチオ。

しかしいったんレアルがリードすると、ラツィオ戦のインテルのようにファーサイドのインサイドハーフがボールを奪った後の基点を意識して高い位置にポジションを取り、SBがボランチの位置まで押し上げて中盤のプレスに参加していた。そしてレアルがアタッキングサードに入ったら速やかに中盤フラットの4-4-2で固めていた。

ゾーン・ディフェンスの標準的な4-4-2だと、攻撃モードと守備モードの切り換えはラインの高さやプレスの開始位置になり、イタリア式3-5-2はWBが5バックになるかどうかで、いずれもモードの切り換えは大ごとになりがちで、一度変えてしまったらなかなか元に戻すのが難しくなるのだが、この4-3-1-2だとラインの位置はそのままで攻守のバランスを臨機応変に変えられる感じで、各選手に対する戦術理解の要求度は高いが、マスターしてしまえば強いというのはいかにもイタリア好みという気がする。つーか、ハリルホジッチもやってくれないかな(笑)。

とは言え決勝の相手バルサはこの戦術を持ってしても分が悪いのは明らか。とにかくメッシを死に物狂いで封じ込めれば多少の可能性は出て来るので、テベスのカウンターで少ないチャンスに賭けるしか無いだろう。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

「らしくないブッフォン、らしくないユベントス、決勝の魔力に屈する」UEFAチャンピオンズリーグ決勝 ユベントス-レアル・マドリー

昨日は淡路島まで日帰りドライブに出かけ、お疲れ状態+酒でフラフラしなが...

記事を読む

「18歳のワンダーボーイに、34歳と39歳のおじさんが立ちはだかる」UEFAチャンピオンズリーグ準決勝 第1レグ モナコ-ユベントス

レアルがアトレティコを3-0で一蹴した翌日に行われた、チャンピオンズリ...

記事を読む

「イスコを”ガンバの遠藤”として使い、アトレティコのプレスを無力化したジダン監督」UEFAチャンピオンズリーグ準決勝 第1レグ レアル・マドリー-アトレティコ・マドリー 

もはやチャンピオンズリーグの恒例行事とかしている、レアルとアトレティコ...

記事を読む

「メッシの至近距離シュートをも曲げる、ブッフォンの反重力」UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝第2レグ バルセロナ-ユベントス

ベスト16ではPSGに対する4点差のビハインドを、ホームのカンプ・ノウ...

記事を読む

「”絵に描いた餅”戦術と”調子だけで決める”人選が表したトゥヘルの限界」UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝第2レグ モナコ-ボルシア・ドルトムント

ドルトムントホームでの第1レグを2-3で落とし、敵地で2点差以上の勝利...

記事を読む

新着記事

「これで浦和が勝ったのではサッカーの神様も激怒する」J2第22節 セレッソ大阪-浦和レッズ

現在J1で首位と8位という対戦以上に、先の親善試合でセビージャに叩きの...

記事を読む

「U-17日本代表の命運を握るのは、久保君じゃなくてこの男」第21回 国際ユースサッカー in 新潟 U-17日本-U-17クロアチア

昨日は夜の12時になってもツール・ド・フランスはまだ残り100kmとか...

記事を読む

「バルデ最後の抵抗も、フルームにかすり傷1つ付けたのみ」ツール・ド・フランス2017 第18ステージ

今年のツール・ド・フランスで最後の山岳頂上ゴールとなる、アルプスの超級...

記事を読む

柴崎を寝取った格好になったヘタフェ、果たして両者は幸せな結婚となるのだろうか?

昨日はとある事情で早朝から病院へ行く羽目になり、ようやく昼頃解放されて...

記事を読む

「最強スプリンター・キッテルの悲劇、フランスとイタリアの凄絶な2位争い」ツール・ド・フランス2017 第16・17ステージ

とうとう最後の山場、アルプスステージが迫って来た今年のツール・ド・フラ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「これで浦和が勝ったのではサッカーの神様も激怒する」J2第22節 セレッソ大阪-浦和レッズ

現在J1で首位と8位という対戦以上に、先の親善試合でセビージャに叩きの...

「U-17日本代表の命運を握るのは、久保君じゃなくてこの男」第21回 国際ユースサッカー in 新潟 U-17日本-U-17クロアチア

昨日は夜の12時になってもツール・ド・フランスはまだ残り100kmとか...

「バルデ最後の抵抗も、フルームにかすり傷1つ付けたのみ」ツール・ド・フランス2017 第18ステージ

今年のツール・ド・フランスで最後の山岳頂上ゴールとなる、アルプスの超級...

柴崎を寝取った格好になったヘタフェ、果たして両者は幸せな結婚となるのだろうか?

昨日はとある事情で早朝から病院へ行く羽目になり、ようやく昼頃解放されて...

「最強スプリンター・キッテルの悲劇、フランスとイタリアの凄絶な2位争い」ツール・ド・フランス2017 第16・17ステージ

とうとう最後の山場、アルプスステージが迫って来た今年のツール・ド・フラ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑