「メッシとゲッツェを見比べて、果たしてグアルディオラは何を想う」欧州CL準決勝第1レグ バルセロナ-バイエルン・ミュンヘン

スポンサードリンク

バイエルンのグアルディオラ監督にとっては、選手・監督時代でレジェンドを作った古巣バルセロナへの凱旋試合となるはずだったのだが、皮肉にも自身が育てたメッシによって2得点1アシストを決められ、決勝進出には極めて厳しい0-3という返り討ちに遭ってしまった。

試合はアウェイのバイエルンが何とラフィーニャ、ボアテング、ベナティアの3バックでスタートするサプライズで始まる。バルサが誇る3トップへのマークと中盤へのプレッシャーを両立させようとした狙いがあったっぽいが、いきなり3バックがオフサイドを取り損ねて決定的なピンチを招くと、あっさりグアルディオラ監督は諦めて4バックにスイッチ。

フォーメーションとしては、レヴァンドフスキとミュラーが2トップ、シュバインシュタイガーがトップ下、アンカーにシャビ・アロンソという4-3-1-2という形で、バルサが自陣に入って来るとミュラーも下がって4-5-1のゾーンを作り、中央をガッチリ締めてバルサの突破を防ぐ形に切り替える。

前半は3バックの失敗からの流れで、18分にミュラーと2人で崩してレヴァンドフスキがフリーでコースを外してしまったシュート以外にはなかなか攻撃が作れなかったバイエルンだったが、後半からは積極的にSBが上がり目のポジションを取り、サイドで基点を作って全体が押し上げつつパスを繋いでいくペップらしいサッカーで盛り返す。

が、75分を過ぎてから突然バイエルンにらしくないミスが連発してしまい、それが致命傷を招いてしまった。

77分の得点は、ネイマールがPA内で倒された事で審判に詰め寄っている間にノイアーがリスタートしてしまい、ベルナトがドリブルで持ち上がろうとしたところでインターセプトされ、その後ろの選手も安易な対応でメッシにボールが渡ってしまう。

ここでノイアーはメッシにニアを抜かれたゴールを決められてしまうのだが、注目すべきなのはメッシがボールを受けてからシュートを撃つまでに一切ゴールを見てないという点で、このためノイアーはボールが来てから反応せざるを得ず、しかもこの場合は左足でファーを狙うシュートを警戒しなくてはいけないため、ステップの予備動作がほんの一瞬遅れてしまったところを撃ち抜かれたもので、世界一のGKであるノイアーを手玉に取るメッシの駆け引き、テクニックは圧巻というしか無い。

そしてその3分後に決まったメッシの2点目は、やはりバイエルンのパスミスから右サイドのメッシにボールが渡ってからのプレイで決まったのだが、メッシは縦のドリブルから一度は完全に左へと切れ込み、ボアテングは左足からのシュートを完全に予測して体重移動、しかし次の瞬間にはメッシが切り返していて重心が移動しきっていたボアテングの下半身は無様にも崩れ落ちしまった。

そこからメッシは2歩でトップスピードまで達し、慌ててノイアーは体でシュートを防ぎに行くが、メッシは何と走りのスピードを一切落とさぬままループシュート、ノイアーも手で何とか反応はしてみるものの間に合わず。ダブルの切り返し、超加速、物理法則を無視したかのようなループの軌跡と、人外のプレイ一瞬のうちに3つ積み重ねられてしまった。

ロスタイムに決められたバルサの3点目は、メッシのスルーパスにネイマールが完全に抜け出し、1度シュートモーションを見せてから冷静にノイアーの股間をインサイドで抜いたのだが、メッシの超絶技巧と比べると普通の人に見えてしまうのだから恐ろしい。ましてや失点してからミュラーに代えて投入されたものの、ほぼ何も出来なかったゲッツェとは残酷なばかりの対比となってしまった。

結果的に、バイエルンにとってはやはりロッベン、リベリという独力で局面を打開できる選手が居なかった事が響いてしまったわけで、いかに世界のトップレベルではチーム力だけを高めてはダメで、天文学的なサラリーを取るスーパースターを揃えられるかが成績を決める、というあまりにもドライなサッカー界の現実を見せつけられる思いがした。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「長友は決定機を決められず失点にも絡んだが、それ以前にGK以外があまりにも存在感が薄い」UEFAチャンピオンズリーグ グループD FCポルト-ガラタサライ

第1節は勝利で良いスタートを切ったガラタサライだが、チャンピオンズリー...

記事を読む

「W杯で大活躍したポグバとルカク、フェライニがいて、こんな試合になってしまうのは誰の責任?」UEFAチャンピオンズリーグ グループH マンチェスター・ユナイテッド-バレンシア

リーグカップでダービー・カウンティに敗れ、リーグ戦ではモイーズ監督時代...

記事を読む

「4-2-3-1でようやく生まれたゲッツェと香川のポジション、果たして軍配はどちらに上がった?」UEFAチャンピオンズリーグ グループA クラブ・ブルージュ-ボルシア・ドルトムント

昨日は週末のイベントに向けての準備もしないといけなかったので、香川が途...

記事を読む

「初戦はロコモティフ・モスクワに完勝、チームでも存在感は別格の長友」UEFAチャンピオンズリーグ グループD ガラタサライ-ロコモティフ・モスクワ

昨日から開幕したUEFAチャンピオンズリーグ。ドルトムントでまだ公式戦...

記事を読む

「カリウスが犯した凡ミスの連発以上に、リバプールに痛恨だったセルヒオ・ラモスの”必殺脇固め”」UEFAチャンピオンズリーグ 決勝 レアル・マドリー-リバプール

今年はウクライナの首都、キエフにあるオリンピスキ・スタジアムで行われた...

記事を読む

新着記事

「酒井のピッチ内外でのフォローが、前半で交代させられた失意の伊藤を救うはず」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第9節 ダルムシュタット-ハンブルガーSV

3試合勝ち無しのHSVと、4試合勝ち無しのダルムシュタットという不調チ...

記事を読む

「鹿島らしさと鹿島らしくなさが同居した結果の2-2ドロー、そして決勝は神奈川ダービー」ルヴァンカップ 準決勝第2レグ 横浜Fマリノス-鹿島アントラーズ

鹿島ホームで行われた準決勝の第1レグで、アウェイの横浜が1-2で先勝し...

記事を読む

「小粒、谷間世代と呼ばれた選手達から、森山監督が見出した世界的な資質」AFC U-16選手権 決勝 U-16日本-U-16タジキスタン

昨日は、ありがたくもNHKが録画放送してくれた、マレーシアで行われたA...

記事を読む

「攻撃陣が中に絞る戦術は、欧州のトレンドを追ったのか単に上手く行ってないだけなのか」キリンチャレンジカップ 日本-パナマ

W杯組が合流し、ようやくフラットな状態でのメンバー選考が行われ、ようや...

記事を読む

「長谷部はベッケンバウアーではなく、もはやあのバレージに比較されるべき存在」ドイツ・ブンデスリーガ第7節 ホッフェンハイム-フランクフルト

ヨーロッパリーグから中2日のフランクフルトは、DFラインはラツィオ戦と...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「酒井のピッチ内外でのフォローが、前半で交代させられた失意の伊藤を救うはず」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第9節 ダルムシュタット-ハンブルガーSV

3試合勝ち無しのHSVと、4試合勝ち無しのダルムシュタットという不調チ...

「鹿島らしさと鹿島らしくなさが同居した結果の2-2ドロー、そして決勝は神奈川ダービー」ルヴァンカップ 準決勝第2レグ 横浜Fマリノス-鹿島アントラーズ

鹿島ホームで行われた準決勝の第1レグで、アウェイの横浜が1-2で先勝し...

「小粒、谷間世代と呼ばれた選手達から、森山監督が見出した世界的な資質」AFC U-16選手権 決勝 U-16日本-U-16タジキスタン

昨日は、ありがたくもNHKが録画放送してくれた、マレーシアで行われたA...

「攻撃陣が中に絞る戦術は、欧州のトレンドを追ったのか単に上手く行ってないだけなのか」キリンチャレンジカップ 日本-パナマ

W杯組が合流し、ようやくフラットな状態でのメンバー選考が行われ、ようや...

「長谷部はベッケンバウアーではなく、もはやあのバレージに比較されるべき存在」ドイツ・ブンデスリーガ第7節 ホッフェンハイム-フランクフルト

ヨーロッパリーグから中2日のフランクフルトは、DFラインはラツィオ戦と...

→もっと見る

PAGE TOP ↑