カリスマ指揮官は日本代表監督選びの落とし穴

アギーレ解任報道が一段落した後は、すっかりマスコミの関心は日本代表監督後任候補の話題に移ってしまいましたね。毎日マッチポンプご苦労さまです。

アギーレ解任後の焦点だった霜田技術委員長の処遇ですが、意外にもすんなり続投が決まってしまいましたね。おそらくT嶋氏はFIFA理事選挙の準備があり、K淵氏もバスケに手を伸ばそうとしているので、今こっちに全力を出している余裕が無いのかもしれません。とは言え、原さんが得意としているスペインルートは実質的に封じられたも同然なので、現首脳陣のレイムダック化には成功しているのかもしれませんが・・・

さてその監督選びについての報道の中には、ピクシーやレオナルド、ジョルジーニョ、オリヴェイラ、クルピといったK淵氏好みなJリーグ経験のあるビッグネームや、パウロ・ベント、プランデッリ、カマーチョ、スコラーリといったW杯経験のある監督といった名前が並んでいますね。

ただ残念な事に、今朝もサンスポからではありますがラニエリに声をかけて断られたという記事があったように、やはり監督としてのキャリアからすると、CL常連のビッグクラブを頂点として、欧州4大リーグのクラブ、欧州&南米の代表監督、その次にやっとこさアジア&アフリカ&中米の代表監督という順番になるわけで、バリバリの野心を持った有能な若手監督など広州恒大のような大金で釣らない限りはやって来てくれません。

個人的には、やはりW杯の経験を持った監督がベストですが、韓国のようにユース指導経験のある戦術家でも良いかなと思っています。何しろ、ジーコは無論のこと、トルシエにしてもザックにしても、結局は戦術組織作りが不完全なままでW杯を戦ってしまったわけで、せめてゾーンディフェンスの基本で良いのでしっかり組織が浸透している代表がいい加減に見たいのですよ。

百歩譲ってピクシーのようなカリスマ監督を選ぶのであれば、戦術の構築に長けた優秀な副官を付ける事。ピクシーの名古屋監督時代は現マケドニア監督のジュロブスキーが支えていましたし、レオナルドのインテル時代にはカステラッツィ、そしてブラジルW杯で優勝したドイツのレーブ監督はクリンスマンに仕えていましたし、準優勝のアルゼンチン・サベラ監督もパサレラ時代の副官でした。ジーコジャパンも、副官が兄のエドゥじゃなければもうちょっとマシなチームになっていたかもしれません。

ただし問題は、いくら副官が戦術を練り上げても選手起用や采配は監督の専権事項ですし、ビッグネーム好きな協会の方々が副官の良し悪しが分かるとは思えない点なんですよね・・・

まあ現在の候補に上がってる中で現実的なのはオリヴェイラぐらいでしょうかねえ・・・クルピは守備組織があまり期待できないのでパス。クルピにユースを任せるならザックと並んで諸手を上げて賛成ですが、協会はユースに全然金と力を使わないからなあ・・・あ、また気分が暗くなってきた(苦笑)。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

スポンサードリンク

2015/02/07 | 戯言2015, 未分類

関連記事

FC東京の武藤選手、マインツ移籍決定!

今までいろいろ噂には上がっていましたが、移籍正式決定の第一報がホームス...

記事を読む

レアル・マドリーで戦術的なサッカーをやらそうという監督は放り出される運命

昨日は給料日後の金曜という事で飲みに行っておりまして、でもそんなに酔っ...

記事を読む

消去法を駆使すると、誰も残らないのが協会の現状

八百長疑惑によるアギーレ監督の契約解除という事件の後ということで、現執...

記事を読む

アギーレ監督退任で得をする人たちの蠢き

注意:今回のエントリーにはかなりの毒と邪推が入ってますので、読んでも忘...

記事を読む

新着記事

「これで浦和が勝ったのではサッカーの神様も激怒する」J2第22節 セレッソ大阪-浦和レッズ

現在J1で首位と8位という対戦以上に、先の親善試合でセビージャに叩きの...

記事を読む

「U-17日本代表の命運を握るのは、久保君じゃなくてこの男」第21回 国際ユースサッカー in 新潟 U-17日本-U-17クロアチア

昨日は夜の12時になってもツール・ド・フランスはまだ残り100kmとか...

記事を読む

「バルデ最後の抵抗も、フルームにかすり傷1つ付けたのみ」ツール・ド・フランス2017 第18ステージ

今年のツール・ド・フランスで最後の山岳頂上ゴールとなる、アルプスの超級...

記事を読む

柴崎を寝取った格好になったヘタフェ、果たして両者は幸せな結婚となるのだろうか?

昨日はとある事情で早朝から病院へ行く羽目になり、ようやく昼頃解放されて...

記事を読む

「最強スプリンター・キッテルの悲劇、フランスとイタリアの凄絶な2位争い」ツール・ド・フランス2017 第16・17ステージ

とうとう最後の山場、アルプスステージが迫って来た今年のツール・ド・フラ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「これで浦和が勝ったのではサッカーの神様も激怒する」J2第22節 セレッソ大阪-浦和レッズ

現在J1で首位と8位という対戦以上に、先の親善試合でセビージャに叩きの...

「U-17日本代表の命運を握るのは、久保君じゃなくてこの男」第21回 国際ユースサッカー in 新潟 U-17日本-U-17クロアチア

昨日は夜の12時になってもツール・ド・フランスはまだ残り100kmとか...

「バルデ最後の抵抗も、フルームにかすり傷1つ付けたのみ」ツール・ド・フランス2017 第18ステージ

今年のツール・ド・フランスで最後の山岳頂上ゴールとなる、アルプスの超級...

柴崎を寝取った格好になったヘタフェ、果たして両者は幸せな結婚となるのだろうか?

昨日はとある事情で早朝から病院へ行く羽目になり、ようやく昼頃解放されて...

「最強スプリンター・キッテルの悲劇、フランスとイタリアの凄絶な2位争い」ツール・ド・フランス2017 第16・17ステージ

とうとう最後の山場、アルプスステージが迫って来た今年のツール・ド・フラ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑