「ある意味最もJリーグらしい試合なのかもしれない」J1第19節 名古屋グランパス-鹿島アントラーズ

スポンサードリンク

最近のリーグ戦5試合において、負けがない鹿島と勝ちがない名古屋という対照的な成績同士の対戦は、名古屋が2度のリードをこらえ切れず逆転されるという互いの調子の良し悪しが反映された結果になってしまった。

最近の例に倣ってやはり守備面から注目していくと、どちらも守備的にはそれほど組織的な練度は見られない。鹿島の方はブラジル的な緩めの2ラインゾーンを作ってから早めにマンマークへと移行するタイプだが、ブラジル監督にしては組織を重視するトニーニョ・セレーゾ監督らしく、SBが前に出た後のSHのカバーなど、ゾーンのバランスを守る約束事は徹底されている。

が、ゾーン自体はそれほどコンパクトではないので個人が守備でしっかり対処できる事が前提になって来る。名古屋の1点目はサイドに展開されたボールに対して左SBの寄せが遅れてフリーでクロスを出されたものだし、2点目はケネディに対するマークが遅れて後追いの形で小笠原が後ろから倒してしまった。基本が1対1なので1歩対処が遅れるとピンチになりがちだ。

対する名古屋はさらにルーズ。特に前半は酷いもので、25分の同点に追いつかれたシーンでは、右サイドに4人の選手が集まっていながら軽く突破を許してしまい、ゴール前のダヴィには何故か牟田と矢野が2人がかりでマーク、この時点でファーサイドにいる山本が完全フリー、中盤のカバーにはたったの2人しかおらず、鹿島はどうとでも出来るような状態だった。

その場面以外にも、時にはDFが5人になったり中盤が3人のままで誰も寄せに行けなかったり、前線に2人しか居ないのにSBがサイドへのボールに寄せなくてSHが下がってカバーしていたりと、名古屋はとても守備組織が作られているとは言いがたい状態であった。

さしもの西野監督もこれはマズイと思ったのか、後半からは松田を入れてサイドをカバーさせるようにして多少は安定したものの、前半もしょっちゅう守備に穴を空けがちだったレアンドロ・ドミンゲスがやっぱり戻れなくなってしまい、2-2にされた後の90分に左サイドの数的不利を突かれ、名古屋のSB本多がカットインした西に寄せたために遠藤がフリーになり、そこから決められてしまった。SHの位置にいる選手が戻っていれば何とも無かった場面である。

名古屋はスピードスターの永井謙佑がキレキレだったので、ケネディよりもレドミと組ませて2トップにし、守備の出来る選手で後ろを固めたほうが良いと思うんだけど、どうも狙いが中途半端になってレドミが活きていない印象。鹿島はまあそんなに攻撃の内容は良くなかったんだけど、悪いなりに試合を整えられているところは鹿島らしさが戻って来たのかなと。

鳥栖の尹晶煥監督が噂通り退任してしまったが、いくら夏場があって難しい面があるとはいえ、一見派手なルーズ守備同士の試合じゃなくて、かつてのオシム千葉や鳥栖のような戦術にシビアなチームをもっと見てみたいものである。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2014/08/10 | Jリーグ, 未分類

関連記事

「ハリルホジッチは清武じゃなくて、実は水沼を見に来たのかもしれない」J1第29節 サガン鳥栖-セレッソ大阪

ユン・ジョンファン監督と、その教え子だった水沼宏太にとって古巣対決とな...

記事を読む

「セレッソがロスタイム4分に劇的なゴールで勝ち越し、悲願の優勝へ駒を進める」ルヴァンカップ準決勝 第2レグ ガンバ大阪-セレッソ大阪

ここ最近は連敗が続き、リーグ戦では失速中の両チームによるルヴァンカップ...

記事を読む

「鹿島と対象的に、ガンバに漂っていた”敗者のメンタリティ”」J1第

独走で首位を快走する鹿島と、天皇杯で敗退しリーグ優勝も絶望的な状況にな...

記事を読む

「東アジアカップを目指す日本代表東西対決は、一方的に結果に終わってしまった」J1第25節 FC東京-セレッソ大阪

セレッソには杉本と山口、東京には高萩とアジア最終予選のメンバーに選ばれ...

記事を読む

「浦和のFC東京に対する神通力、中島翔哉のシュートをポストに当てて8連勝」J1第23節 浦和レッズ-FC東京

当日は埼玉地方が悪天候に見舞われ、雷の危険があるという事で試合開始が1...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑